小説

『最後の料理』NOBUOTTO(『銀河鉄道の夜、注文の多い料理店』)

1.宇宙海賊ラポ
 ラポはベットに横たわっているジョバンニの顔を何度も覗き込んでいた。大きなベットの中の小さな少年は静かな寝息を立てていた。その寝息を確認するように覗き込んでは部屋の中を思案げにラポは歩き回っている。天井はガラス張りで果てしない宇宙が広がっている。もう遠くに消え去った銀河鉄道の方角を眺めてはジョバンニを覗き込んで部屋を歩き回る。そんな事をもう何時間も繰り返していた。
「正しくあれ。正しくあれ」
 考え込んではこうつぶやき続けていた。
 また何時間も難しそうな顔で同じことを繰り返していたラポが突然笑顔になった。そしてジョバンニの肩を強く揺すった。
 ジョバンニは目覚めた。目の前には大写しになったラポの顔があった。ジョバンニが驚いて大声をあげると、その声にラポも驚いて後ずさりした。
 ジョバンニの目の前には見上げるほど背が高く、肩までかかる髪は茶色で真っ白なコートに身を包んだ男が立っていた。
その男の肩越しに見える天井の先には宇宙が広がっていた。
「あ、あの。あなたは…」
 ケンタウルスの祭の夜から始まった不思議な旅がまだ続いているのかもしれない。
「吾輩は、宇宙海賊ラポ・エルカーノ・バルバリア。正義と平和を愛する海賊である」
 両手を一杯に広げてラポが言った。
「ラポ・エル、エルカ、エルカ…」
「うーん。ラポ、ラポでいい」
「ああ、はい、じゃあラポ…さん。ここはどこでしょうか」
 ラポはジョバンニが握っている紙を指差した。ジョバンニが握っていたのは鉄道の車掌にみせた十字架が書かれた唐草模様の紙であった。
「切符。切符。君はそれを持っていた。だからここにいる」
 ジョバンニはその紙をじっと眺めている。
「さあ、君はずっとここで寝ていた。疑問は一杯に違いないが、お腹は空っぽだろう。それが問題だ。そのベットを降りて私について来たまえ」と言って歩き始めた。有無も言わせないラポの言葉にひきずられようにジョバンニもラポについて部屋を出た。
 部屋を出るとそこには長い廊下があった。ラポは廊下をスタスタと歩いて行く。ジョバンニも早足で追いかけて行った。廊下の先は暗くて見えないがラポの歩みに合わせて天井の光が伸びていく。廊下の両側に扉が並んでいた。どの扉も茶色で小さな窓がついている。ジョバンニが通り過ぎようとした幾つめかの扉の小さな窓から光が飛び出してきた。ジョバンニは思わずその扉の前に立ち止まった。小さな窓から出た光は眩しいくらいに強くなり、そして消えていった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
コメント