小説

『桜の下を駆け抜けて』中江田江(『桜の森の満開の下』)

 梶井基次郎は「桜の木の下には死体が埋まっている」と書いた。またある作家は、「満開の桜の木の下には、狂気と冷たい虚無、そして孤独がある」のだと描いた。
 そうなのだろうか。別に、桜の木の下に限った事じゃあ無いと、僕は思う。
 レールから落ちて弛んだカーテンの隙間から、曇った窓硝子が覗いている。うっすらと映り込む公園の桜は、確かまだ三分咲きくらいにしかなっていなかったはずだ。
 そんな頃にだって見つけられる。狂気も、冷たい虚無も、孤独も。わざわざ満開の桜を探さなくても、全部この部屋の中に揃っている。死体だってそのうち揃うだろう。
「何を見てるの」
 かすれた声に訊ねられて、僕は恐る恐る伏せていた顔を持ち上げる。ベッドの上に横たわった妻を、視界の上端でやっと捉える。
「私が死ねばいいと思ってるんでしょ」
 そんな事はと反論する僕の声は小さく、嫌な笑い声に押し退けられて汚れた床に落っこちる。妻は何が面白いのか、胸を喘がせて笑っている。彼女の体を覆い隠す、食物や体液で汚れた布団はほとんど震えもしなかった。
「お前が死ねよ」
 笑いの喘鳴を引きずりながら、妻が僕に呪詛を吐く。
「お前が死ね!」
 ぜいぜいと痰の絡んだ息遣いを聞きながら、僕は無力に項垂れる。それを見て、興奮したけだものの様な声が更に僕を甚振っても、ただ受け止める他にやりようがなかった。もう涙も出てこない。
 妻は死病に罹っている。

 妻は、それは綺麗で優しいひとだった。
 初めて出会ったのは学生の頃、ちょっとしたグループ活動の交流会でだった。茶色の髪が多い中、彼女の綺麗な黒い髪の毛はよく目についた。彼女には友人が多くいた。強く押し出す様子もないのに、いつも女性陣の中心になっていた。
 僕を含めた男たちは、みんな彼女と親しくなりたがっていた。けれど小心者の僕は当然として、美人とみれば声を掛けにいく積極的な友人でさえ、彼女と気安く話せなかった。強引に近付こうとする奴も、不思議といなかった。彼女自身に何の屈託もなく、男の目から見ると少しばかり無防備にすら見えたのに。彼女には、そういう所があった。
 そんなひとを恋人に、やがて妻にするといった時には、やっぱり非常なやっかみを受けたものだった。あの子を泣かしたらただじゃ済まさないぞと、披露宴では共通の友人達から散々に脅されもしたが、最後にはおめでとうと言ってくれた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    一気に読むことができました。咲き乱れる桜の恐ろしさ、死を目前にして変わり果てた妻への苛立ちと恐れ、二人きりに追いつめられていく夫婦の姿が残りました。極限の閉鎖された時間の中でそれでも残る愛情は幻想でも夢でもない、二人が行き着いた景色のように思えました。(3月期優秀賞受賞者:菊武加庫)