小説

『カノン』柿沼雅美(『花をうめる』)

 校舎の裏の花壇のところに花音がいたよと、教室に戻って来た友達が教えてくれて、私はすぐに追いかけた。後ろから、いくら仲良しアピールしたくたって休み時間からい別々でいいんじゃねー、と男子の声が聞こえた。
 階段を降りながら、私のいないところでどの女子と一緒にいるんだろうとか、まさか私の悪口なんかを言ったりしてないよね、と思いながら、一段飛ばしで着地した。キュッと鳥肌が出そうな上履きの音が大きく広がった。
 昇降口を曲がってすぐに、裏に向かうと、花音がもう使われていない花壇の前でしゃがみ込んでいた。
 「花音!」
 私はスピードを落とさずに走り寄った。
 「え」
 花音は背中を少しだけびくっとして、空にひっぱられたように見えた。
 「なにしてるのー」
 私はそう言って息を整えるために鼻から息を吸い込んだ。
 「べつになんでもっ。ミカこそどうしたのこんなとこで」
 「花音がこっちにいたって聞いたから、何してるのかと思って」
 なんでもないよ、と言いながら、スカートの裾をパンとはたいて、花音が立ち上がった。
 「花でも植えてるのかと思ったー」
 私が言うと、花音はそれいいね、と笑った。
 「でもこんなに桜の木があるから、ここに植えても負けちゃいそうだよね。それでこの花壇使わなくなったのかもしれないよね」
 春になると桜の咲き誇るこの場所は、告白スポットにもなっているのを思い出した。
 「もしかして、花音誰かに告白された?」
 「そんなわけないじゃん、っていうか告白されたり誰かと付き合ってたらもうバレるでしょ、ミカにはさすがに」
 私にはさすがに、という言葉が自分と花音の距離の近さを表しているようでくすぐったい思いがじわっとくる。
 「もう行こっ。あ、自販機でジュース買いたい」
 「いいね、私もちょうど喉渇いてるんだ。花音はまたグレープフルーツジュース?」
 「またってなにまたって。そんなに飲んでるかな。そういうミカだっていつもイチゴミルクじゃん」
 「そうだけど」
 言い合いながら昇降口を入り、購買へ向かった。

1 2 3 4 5 6 7
コメント
  • るい

    いわゆる「百合」作品が好きな身としては、とても楽しく読ませていただきました。
    女の子同士の親密さゆえに、知らない一面があると分かる悲しさがとても現代的で、良かったです。
    あと、全体的にピンク色の小道具が多いのに、ブリブリした感じがないのもいいです(笑)
    ちょっと切ないけど美しい友情物語を読ませていただき、ありがとうございました。

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    あらあら?あらあらあら!さわやか(2月期優秀賞受賞者:義若ユウスケ)

  • Mariko Miwa

    よく分かります❗
    恋愛対象は男性だけど
    たまに「気になる」「内面を知り合いたい」と思う人~何故か女性です❗