小説

『桃の片割れ』手前田二九男(『桃太郎』)

 最初に箱から出されたのは俺だった。運良く選ばれたことに、安堵と後ろめたさが入り交じった。しかし、腕の中に収まった俺の全体をじっと見つめるうちに、じいさんの笑顔は消えていった。ばあさんが微かに首を振り、箱の方に目を向けた。俺は静かに木箱の中に戻され、代わりにもう一人の方が軽やかに巣立っていった。
 あいつは赤ん坊らしく泣きわめき、小さな手で訴えるようにじいさんにしがみついた。じいさんに笑顔が戻り、ばあさんが頷いた。ばあさんは俺に向かって手を合わせてから、申し訳なさそうに蓋を閉めた。蓋が閉まる瞬間、あいつが俺を見て笑っているのが確かに見えた。
束の間の開放が終わり、元の薄暗闇に戻った。また、川にでも流されるのだろう。長くなるなと、赤ん坊ながらに思った。

 案の定、川に流されているらしい。外が見えなくても分かる。また、捨てられた。水の音。緩やかで不規則な振動。じいさんにしてみれば、どうすればいいか分からず、元に戻しただけなのもしれない。どちらにせよ、水の上を彷徨っていることに違いはない。まあ、いいか。今度は一人だ。奴の足が当たることもない。
 開き直って、ゆっくり眠ろうと思ったがそうはいかなかった。二人で上手いこと収まっていた空間が一人になったものだから、体が流されて背中が痛い。それよりなにより、頭が痛い。恐る恐る触ってみると、こぶのようなものが出来ている。しかも、大きいのが二つ。一つは確実にあいつのせいだ。
 旅の初めは二人並んで、きちんと箱に収まっていた。しかし、流されているうちに、少しずつ二人の体が移動して、というより、二人とも自分が苦しくない体勢を取ろうともがいているうちに、あいつの足の下に俺の頭がくる配置となったところで、ようやく落ち着いた。そこからはわざとだ。絶対にわざとだ。俺の柔らかい頭部に、あいつは踵を何度もぶつけた。何度も何度も。ギャーギャー泣いて抵抗してみたが、あいつは止めようとしなかった。どうにか避けようとして、頭を動かしたが、今度は木の壁に頭の別の箇所をぶつけた。何度も避けようとして、何度もぶつけた。
 じいさんの失われた笑顔を思い出す。俺が箱に戻されたのは、頭のせいなのだろう。同じ赤ん坊なら、いびつな頭より綺麗な頭を選ぶ。俺だってそうする。きっと、俺の頭は、想像以上にひどい有り様になっているのかもしれない。

1 2 3 4 5 6 7
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    桃の中に二人いて鬼に面倒を見られ・・・とかなり変わった視点から物語を見られている点がすごいと思いました。(12月期優秀賞受賞者:Rain)