小説

『レーヴレアリテ』柿沼雅美(太宰治『フォスフォレッスセンス』)

「あ、そうなんだ。普段はあんまり東京来ないんだぁ」
 隣に座っている2人組の女の子の1人がシェイクのストローから唇を離して言う。
 「うん、なんかだから今週は変な感じ。やっと慣れてきた感じ。でも研修終わったらまた地元の茨城の店舗になるのかもしれないし。けどほんとアミちゃんは都会って感じ」
 「そんなに変わらないじゃん茨城、電車で行けるし落ち着いてそうでいいなぁ」
 アミちゃんは、さしていいなぁとも思ってないような口調だ。
 スマホに配信されてきたクーポンの、ポテトにチェダーチーズとバーベキューソースのかかった新商品がどうしても食べたくて来たら、僕の隣のテーブルに、新しそうなスーツを着た2人の女の子が座った。僕より少し年下だろうか、でも、僕よりもしっかり充実した人生を歩んできたんだと分かる。
 2人は飲食系の会社の内定者のようで、入社前研修で東京に来ているようだった。茨城の子は、リクルートスーツをそのまま着続けているのか上も下も黒色で、65㎏くらいに見える体型に、長い前髪と肩下まである後ろ髪をひとつに束ねている。ぷっくりとした顔には化粧っ気がなく、話し方も無理やり楽しそうにしているように聞こえる。
 アミちゃんと呼ばれているほうは、胸元にさりげないフリルのついた薄いピンクのブラウスに、黒色のスーツを着ていても白寄りのグレーのコートとベージュのバッグを横に置いている。髪はボブで、時折前髪を気にして整えている。
 この2人が同じ学校だったら、まずこうやって向かい合って2人きりで笑ったりはしないんだろうと思った。
 「サチエちゃんって、彼氏いるの?」
 アミがソースにナゲットをつんつんと付ける。そんなちょっとじゃ味しないだろ、と思う。
 「サチエでいいよー。えーカレシー? 3か月前くらいに別れたばっか」
 え、おまえに彼氏いたの!? と僕は茨城のサチエを見た。サチエの顎が少し二重になっていた。
 「えーほんとに、そうなんだ、辛いねー」
 辛いねを天気いいねくらいの軽さでアミが言うと、まぁねぇ、とサチエがナゲットを一口で食べた。アミに合わせてナゲットとカフェラテにしたのだろう、ハンバーガーも食べたかっただろうに、と僕はサチエを凝視しないように気をつけて、耳だけはさらに傾けた。
 「アミちゃんは、彼氏いるの? いるよねそりゃ」
 僕も、いるよねそりゃ、と思った。アミちゃんは、呼び捨てでアミでいいよ、と言って話し始める。
 「そうなの。いるいる。実は今日もね、彼氏の家から来てたの」

1 2 3 4 5 6 7 8 9
コメント
  • ‥。