小説

『笛吹き男のコーダ』木江恭(『ハーメルンの笛吹き男』)

 しばらく時間を置いてから、碓氷は立ち上がった。笛は組み立てたまま袖口に隠し持ち、来た時の逆を辿って裏口から外へと抜け出す。後は男たちから聞き出した隠し場所へ出向き、商品を組織へと引き渡せば、碓氷の仕事は終わりだ。
 通りはいよいよ夜の盛りといった風情で、誰も彼も浮かれてそぞろ歩き、千鳥足で寄り道を楽しんでいる。怪しまれないよう、碓氷も物見遊山を装ってぶらぶらと歩いた。
 川の辺りを通りかかった時、人だかりが出来ている一角を見つけて、碓氷はさりげなく近づいた。川べりに筵が四つ並べられ、端から汚れた裸足の足が突き出している。碓氷は、気味悪そうに両手を合わせる人々の口元を観察した。
「酔っぱらいが川に落ちて、頭打ってそのまま」
「まともに歩けもしないってのに、欄干に登って手を振り回してたとか」
 どうやら思惑通りに事は進んだらしい。満足に緩みそうになる頬を引き締めて、碓氷は大通りへと戻った。
 通い慣れた飯屋の前を通り過ぎ、目抜き通りが終わると途端に家並みが途切れ、辺りは寂しくなる。月明かりを頼りに進むことしばらく、人家も店もまばらな外れに鈴虫庵はあった。茅葺きの屋根は半分ほど腐り、壁には蟻が巣を作っている。ほとんど垂直と言っていいほど傾いた板切れに、かろうじて鈴虫庵の文字が読み取れなくもない。
 そんな空家の軒先に、剣呑な様子の男が二人、提灯を囲んで座り込んでいた。
 鼠は四匹じゃなかったのか。碓氷は心中で舌打ちする。
 近づいてくる碓氷に気がついて、男たちが立ち上がる。唾を飛ばして何かを喚きたてるのを眺めながら、碓氷は笛を構えた。
 さァて、極上の子守唄ララバイを聞かせてやるとしよう。
 眠れ眠れェ――可愛い坊やたち――。
 ほんの数秒で、事態は片付いた。ぼんやりとした表情でしゃがみこんだ男たちに、碓氷は優しく「寝てな」と声をかけた。途端に瞼を閉じて崩れ落ちるのを確認して、碓氷は立て付けの悪い引き戸をこじ開けた。
 中は薄暗い。軒先に置かれたままの提灯と、壁板の間から差し込む僅かな月明かりが唯一の光源だ。目を凝らせば、むき出しの地面にかろうじて置かれている何枚かの畳も、朽ちてぐずぐずに崩れているのが分かる。
 そして大して広くもない屋内の片隅で、幾対かの目玉がじっと碓氷を見つめていた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    こんなふうに、優しい物語を端正に書けたらどんなにいいだろうかと羨ましくなりました。(9月期優秀賞受賞者:野本健二)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    奇をてらわない落ち着いた文章に情景描写、主要人物の二人が今までの環境から抜け出し、人生の仕切り直しを感じさせるラストが良いと思いました。(第2回優秀賞受賞者:小野塚一成)