小説

『笛吹き男のコーダ』木江恭(『ハーメルンの笛吹き男』)

 血と泥と涎で汚れた碓氷の顔に、すずは躊躇いなく触れてくる。その手に見慣れた鈴はなく、剥き出しの手首は無防備で今にも折れてしまいそうだった。それでもその肌は滑らかで、怪我をしている様子は無い。
 生きてる、と当たり前のことを呟こうとして、唇がびりっと破れた。全身という全身が悲鳴をあげているのに、この程度の傷さえも律儀に痛む。
 てっきり命を取られると思ったが、詰まらぬ若造の命など、取ったところで割りに合わないと勘定されたのかもしれない。悪党にまで返品されるとは、全く本当にどうしようもない人生だ。
 碓氷は腫れた瞼で狭まった視界をぐるりと眺めた。群青の空の向こうが、紫と橙を混ぜたような不思議な色合いに変わっている。すずの小さな体を、金色の光が縁っている。
 朝が来るのだ。
 全てを失ってまるで襤褸切れのようになっても、朝は来る。
 碓氷はぼんやりとすずを眺めた。血の気のない頬を雫が伝っていく。あとからあとから溢れる涙がぼたぼたと落ちて、温い飛沫が碓氷の頬にかかった。
 綺麗だ、と思ってから、そんな感覚がまだ自分の中に残っていたことに碓氷は驚いた。聴覚を失ってから、何かを美しいと思ったことなど無かったのに。
 今はただ、すずの涙を見ていたい。
 碓氷と目が合ったすずが、泣きながら笑う。碓氷は震える指をそっと伸ばした。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    こんなふうに、優しい物語を端正に書けたらどんなにいいだろうかと羨ましくなりました。(9月期優秀賞受賞者:野本健二)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    奇をてらわない落ち着いた文章に情景描写、主要人物の二人が今までの環境から抜け出し、人生の仕切り直しを感じさせるラストが良いと思いました。(第2回優秀賞受賞者:小野塚一成)