小説

『ウサギ!とカメ』泉谷幸子(『ウサギとカメ』)

 むかしむかし、あるところにウサギとカメがおりました。ウサギは日ごろから、カメの足が遅いことを馬鹿にしておりました。そこである日、カメにこう言いました。
「カメさん、カメさん、オレとかけっこで競争しないかい?」
 するとカメはあっさりと「かまわんよ」と言ったのでした。

 さて、当日。ウサギとカメは並んで、審判を頼んだキツネの合図を待ちます。この山の頂上から麓までを競争するのです。ゴールには別のキツネが待っています。
「よーい、ドン」
 ウサギはぴょんぴょん、ぴょぴょん、ぴょん!と張り切って駆けていきます。速い、速い。風を切って、あっという間に見えなくなりました。そしてカメは、いまだにキツネの前をのそのそ歩いています。
 キツネは心配になって言いました。
「カメさん、カメさん、そんなに遅くて大丈夫?」
 するとカメは、こう答えました。
「大丈夫。わしはわしなりに歩くだけさ」

 ウサギは快調に飛ばしていきます。木漏れ日の下を、木々がうっそうと茂った中を、日当たりのいい平坦なところを。落ち葉がカサカサなります。下草がはじかれてゆらゆら揺れます。時折、小鳥が驚いて飛び立っていきます。
 もうずいぶん来たな。ウサギがそう思って、一息ついた時です。
 ふと、どうしてカメがこんな競争を受けたのかという疑問が湧いてきました。普通に考えて、動物が100匹いたら100匹ともウサギが勝つと思うでしょう。それなのに、負けることを百も承知で、カメは競争することを拒まなかった。いったいどうしてなのか。これまで考えもしなかったことにウサギは思わず足を止め、首をひねりました。
 もしも自分が逆の立場だったら、まずこの競争は受けないだろうと思いました。でもどうしても受けないといけないとしたら、自分はどうするだろうか。ウサギは考えます。もうこれは、誰かに助けてもらうしかないだろう。さて、誰に助けてもらう?どうやって?

1 2 3 4
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    原作ではウサギはただずる賢いだけの存在でしたが、この作品では考え過ぎなところがあったり、意外と信心深かったり、憎めないウサギになっていて思わず笑ってしまいました。一度寝たふりをしてからは、その後はずっとカメの後ろを追い越さないように走り続けていたようで、ゴール前の「汗をだらだら流し、息をぜいぜいいわせた」ウサギが、どれだけ必死にゆっくり走ったのかと想像するとウサギに同情してしまいます。
    朝からずっとゴールで待ち続けていたキツネも含め、登場する動物がみなそれぞれに素直で真面目なのが、原作のイメージに深みを与えていて秀作だと思いました。(7月期優秀賞受賞者:山本康仁)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    『ウサギとカメ』をベースにしながらも、ウサギに纏わる有名なお話が物語の中に幾つも組み込まれていて、「ここでこのお話が出て来たか!」と楽しんで読んでいました。それら一つ一つを思い出しては、自分で自分の考えを否定していくウサギの揺れ動く心境の変化が面白かったです。そんなウサギの葛藤など知る由もなく、ただただ自分なりに歩いていただけのカメの言葉と審判役のキツネの存在が、ウサギの滑稽さをより引き立てていると思います。読み終わった後、ウサギに「お疲れ様でした」と一言声を掛けてあげたくなりました。(7月期優秀賞受賞者:葉野亜依)