小説

『美希と紗希』山本康仁(『浦島太郎』)

ツギクルバナー

「立花はどこ行った」
 先生は教室を見渡すが、答える人は誰もいない。白い夏服が埋め尽くす中に、美希の席だけがぽっかり空いている。
「体調でも崩したのか」
 そうつぶやき「今日は抜き打ちテストな」と続ける先生は、ようやく「えーっ」という反応を生徒からもらった。

 ひと通り焦ると、美希は神社にいた。冷静になればなるほど、実感は湧かない。まだ他人事のような気がした。昼休憩にトイレで見た検査薬に浮かぶ青い縦棒が、記憶の中でゆらゆら揺れた。
 病院に行く勇気はなかった。確定されるのも嫌だったし、何よりこのまま制服姿で行くわけにはいかない。スマホで調べたら、とりあえず12週までなら大事にならずに堕ろせそうだった。あと一ヶ月は猶予がある。その間に片付ければいい。ぎゅっと目を閉じると、美希は最初に手に触れたおみくじを引く。
『本年は、油断大敵にして百事注意して行動すべし。急いでは失敗を招く。信心を怠るな』
「言うの遅ぇんだよ・・・」
 柄にもない言葉を吐いて、美希は近くの枝に結び付けた。

「塾は?」
 尋ねるお母さんの声に「風邪」とだけ返し、美希は自分の部屋のドアを閉める。塾なんか行く気にならなかった。他のことを考えようと思っても、知らないうちに頭は同じ質問を繰り返している。ベッドの上に寝転がって、美希は携帯のアプリを開いたり閉じたりした。
 妊娠した。
 そんなことラインで送っても、彼は冗談だと思うだけだろう。いつものようにスルーされるに決まっている。やるだけやって、鳴り続けていた携帯に慌てて出て、トイレの中で小声で話す姿を見て、美希はなんとなく気づいていた。ふたりの関係はこのまま自然消滅する。それで良かった。
 案の定、彼からの連絡はあの日からめっきり減った。自分にとってもこの関係は、経験のひとつだった。ふたりの関係が何事もなかったことになるように、お腹に抱えた問題も、そのまま一緒に消えていく。別れはちょっと痛いけど、しばらくすれば忘れてしまう。その程度のもの。薄暗い天井を見上げていると、それが答えのような感じがした。

1 2 3 4 5 6 7
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    まず過不足ない静かな語り口、イメージがはっきり頭に浮かぶ文章の巧みさに惹かれました。そして何より『浦島太郎』の踏まえかた、換骨奪胎の方法に痺れました。次何か書くとすればこんなのが書きたい、と思わされた一作でした。(7月期優秀賞受賞者:倉松将希)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    鏡にひきこまれる展開が、浦島太郎の少し現実から離れた面白さをそのまま現代的に表現しているようで、設定が良いなと思いました。(7月期優秀賞受賞者:柿沼雅美)