小説

『囚われのセリヌンティウス』石川哲也(『走れメロス』)

ツギクルバナー

 まったく、メロスにはいつも驚かされる。
 二年ぶりになる旧友の来訪を待っていたのだが、ようやく深夜に現れたのはメロスではなく、王の警吏だった。私を王城へ連れて行くという。
 老いた母は屈強な男たちにすがって憐れみを乞い、石工の弟子フィロストラトスはぶるぶる震えながら抗議する。
 私は、二人が誤解していると思ったので、無駄な抵抗をしなかった。
 そう。私が捕縛されたのは、私自身がディオニス王にあらぬ疑いをかけられたからではなく、メロスの友人だったからである。
 自由を奪う縄が肉に食い込み、引きずられるように歩くと骨まで軋んだ。そんな痛みも友に会えると思えばこそ、耐えることができた。
「セリヌンティウス、わが友よ。実は……」
 王城の広間で、メロスに事情を打ち明けられる。
 人を殺しすぎる王に腹が立ったこと、城で捕まったこと、処刑されること、命を惜しむつもりはないが妹の結婚式には出たいこと、三日後に戻るまでの人質に私の名を挙げたこと。
 あきれるほど短絡的な行動と一方的な都合だったが、私は身代わりを承諾した。メロスに頼まれたら仕方ない。自由になった両手で友を抱きしめる。私がメロスを殴りつけると期待していたのだろうか、王は不満そうに顔をゆがめた。
 初夏、満天の星の下、メロスは走り去り、私は獄につながれた。意外なことに、独居牢は広く清潔で、快適ですらあった。
「公開処刑は三日後だ。主役のみすぼらしい姿を見せられぬからのう」
 牢の外で王が嬉しそうに呟く。見慣れた光景なのか、警護の兵らは微動だにしない。
「わしは罪人の言葉を信じて、人質を丁重に扱ったのだと民衆に知らしめよう。血色のよいおまえが、かつての友を罵りながら磔台に吊り上げられる。裏切られたわしは、それを悲しげに見つめる。世の愚か者たちも現実に目が覚めるというものだ」
 これでも王か、王なのか。
 かつてディオニス王は賢王と呼ばれ、統治するシラクスも活気に溢れていた。
 政治に興味のない私だが、王の心がここまで腐り果てているとは考えもしなかった。虫唾が走る。メロスが狂王の魂を浄化できなかったことを残念に思う。
「今宵はもう遅い、ゆっくりと休むが良い。明日からはご馳走を運ばせよう。おまえの好物は何だ。肉か? タイやスズキの魚料理か? リンゴやイチジクといった果物か? それとも……」
「何でも宜しいのですか」

1 2 3 4 5 6
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    文章が落ち着いてて読みやすく、納得の内容でした。友情の裏打ちに据えられたドラマがメロスに匹敵する重厚さをもち、読み応えありました。『走れメロス』の感動が倍増しました。(12月期優秀賞受賞者:柘榴木昴)