小説

『Cinderella shoes』植木天洋(『シンデレラ』)

 はじめて行くファッションビルは好きだ。何もかもが新しくて、店舗のスタッフも初々しくて、やる気に満ちている。
 新品のペンキや什器の匂い好きだ。
 〈できたて〉という感じがするからだ。
 目新しいショップが並んで、見ているだけで飽きない。
「靴が欲しい」
 フロア二階にわたって広がる真新しいシューズショップで足をとめた。
 布、ゴム、皮、エナメル、プラスティック、色々な素材の匂いがする。シューズショップ特有の匂いだ。
 今いるのはメンズフロアなので、ゴムや布の匂いが強い。棚に並んでいるのも、シンプルなスニーカーから奇抜なデザインの革靴まで、様々だ。
「レディスは上だね」
 彼がそう言って、優しくエスコートしてくれる。まるで英国紳士のようだ。
「あなたのセンスに任せる。よさそうなのを探して」
 時々そうするように、彼にそう言って甘えた。彼はすごくセンスがいい。それに、いつも私が選ばないようなデザインのものを選んできて、半信半疑で試着してみるとそれがすごくよく似合う。だから、今回も彼に任せた。
 彼は笑うと、一変して真剣な顔で靴を眺め始めた。
「そこはメンズのフロアだよ?」
「いや、ショップの感覚をつかもうと思って」
 そう言って数点眺めて、
「よしわかった、上にいこう」
 いつもの自信に満ちた声だ。頼もしい。
 エスカレーターを上る間も、ショートブーツで、ヒールのあるものがいい、など最低限の要望を伝える。彼は宙を見つめて、考えをまとめているようで、しばらくして「うん、イメージできた」とうなずいた。
 レディスのフロアに着くと、メンズフロアとはまた違う匂いがする。
 いい匂い、だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
コメント