小説

『夜鷹の照星』清水その字(『よだかの星』宮沢賢治)

 小屋の中で水筒の水を一口飲み、一義はふと自分の服に目をやった。ここへ辿り着くまで匍匐前進を繰り替えしたため、茶色の軍服はあちらこちらが擦り切れ、泥で酷く汚れている。
 脱ぎ捨ててあった戦闘帽を被り、全長百三十センチ足らずの銃を手にした機関部に『九七』の文字と菊の紋章が刻まれ、円筒型のスコープが取り付けられている。木製の銃床が少し煤けているが、銃身の手入れは行き届いていた。九七式狙撃銃……これが一義の相棒だ。
 銃の重みを感じながら、ゆっくりと窓から外を見る。丘の上にあるこの小屋は見晴らしが良く、夜明け間際の荒野を一望できた。地平線の向こうから陽光が差し始め、まばらに生えた草が金色に染まった。それらを踏みにじり、蟻の列のような影が遠くからやって来る。
「始めるか……」
 呟きつつ、銃の槓桿と呼ばれる部品に手をかける。それを半回転させて手前に引くと、弾を装填する口が現れた。五発連なった銃弾をそこへ押し込み、口を閉じる。深呼吸をして、銃身を窓から突き出して構え、スコープを覗いた。十字線の刻まれたレンズ越しに、接近してくる隊列を睨む。
 敵は一個小隊、約三十人ほどだ。肩にライフルを担いでいたり、機関銃を首からマンドリンのように提げたりしている。この後で大部隊が来るか、または戦車でも来るか。だがどの道、自分はここから生きて帰れないだろうと、一義はぼんやりと覚悟していた。

 ふと、家族のことを思い出す。一義には二人の弟がおり、それぞれ飛行機乗りと、粋な船乗りだった。泥と埃にまみれているのは、兄弟の中で自分だけ。いい加減にこんな軍服は脱ぎ捨てたいが、一義は戦い続けねばならなかった。同じく敵の足止めとして五人の狙撃手が配置されていたが、まだ生きているのは自分一人だ。
 そして自分も、もうすぐ死ぬのだろう。せめて弟たちにお別れを言いたいが、それも叶わない。諦観したまま、照準の中に捉えた敵を追い、射程に入るまで待つ。

 距離三百メートル。スコープの十字線を、隊列の中にいる将校に合わせる。遠くて顔はよく見えないが、まだ若そうだ。近くには機関銃を持った兵士もいて、何やら会話しているようだ。警戒している様子はなく、もう勝ったと思っているのだろう。

1 2 3 4
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    スコープを覗いているうちに、そこに閉じ込められてしまった心がいつまでも留まっているような、切り離された思考の行く末を考えさせられました。(2月期優秀賞受賞者:和織)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    原作の核心である孤高さを含みつつ、原作に引きずられ過ぎない距離感が絶妙だと思います。 カブトムシが唐突に出て来た印象がありますが、シーンがころころ変わるように流れていきますが、地の文が落ち着いてるためか結構落ち着いて読めました。 重たいテーマを無理に解決させず、孤独と静粛さで締めてある点も好みでした。(2月期優秀賞受賞者:柘榴木昴)