小説

『面白い勝負』℃(『平家物語』)

 海面が夕暮れに揺れる中、赤い旗を掲げた小舟が一つ、血の臭う浜へと近づいてくる。
 他の舟に動きはなかった。沖で列をなしたまま、小舟の動向を静かに見守っている。
 一方、浜には白い旗指物が並び、鎧兜に身を包んだ男たちがいた。小舟に気づくと、弓や刀、薙刀など、それぞれが得意とする武器を構えた。
 本日の合戦はまだ終わっていない。
 白い旗の軍勢は優勢にあったが、海を渡る足を大きく欠いていた。舟の数で劣る以上、もし追撃に出れば、それは豪胆ではなく、無謀となる。赤い旗の軍勢が沖合に退いた時点で、手詰まりという状況だった。
 そこに、相手の方から近づいてきたのだ。
 ただし、小舟が一つのみ。普通に考えるなら、一時停戦か何かを求める使者だろう。
 浜の男たちが身構えていると、いきなり小舟が停止した。浜まではおよそ六十尺(十八メートル強)の距離がある。
 これは一体どういうことか。浜の男たちは不審がる。
 交渉決裂で斬られるのを恐れた使者が、いつでも逃げ出せるようにと考えたか。浜まで来なくとも大声を出せば、用件を済ませることはできるだろう。
 しかし、あの場所では浜から放った矢は届く。弓を得意とする者たちはこぞって矢を握った。まだ弓には番えない。大将からの指示を待つ。
 戦場の目という目を集める中、小舟の上で、一人の男が立ち上がった。その兜及び鎧の胴は赤く、なかなか見事なものだ。それに負けず劣らず、男自身も立派な体躯をしている。臆病者のようには見えないが、はたして・・・・・・。
 浜にいる者たちが一様に違和感を抱える中、大将からの指示が下った。まずは相手の出方を見る。矢を射てはならない。
 小舟の上で仁王立ちする男は、鋭い眼光で浜を見据えていた。
 その背後の沖合では、赤い旗の者たちが静まり返っている。

1 2 3 4 5 6 7 8
コメント