小説

『おっぱい谷』エルディ(落語『頭山』)

ツギクルバナー

えぇ、題名をみればわかると思いますが、ちとお下劣な話です。エログロではないのですが、下ネタ厳禁の方の不興を買う可能性は否定しません。お子さんにはどうでしょうねえ、幼稚園くらいのお子さんなら意外と素直に楽しんでくれくるかもしれませんが、まあ、保証はしません、あしからず。
ただ、なんでちっちゃい子は楽しんでくれそうかと申しますと、子どもは喜々としてお下劣な話を楽しみますし、何よりも子どもはおっぱい大好きですよね。嫌いな子なんていないでしょう。それはつまり、お母さんが好きってことですよね。で、男が大人になってもつい胸もとに視線がいってしまうのも、そういうわけじゃないかと思います。女性は偉大ですね。
まあ、とにかく男は一般論として女性のおっぱいが好きでしょう。それは昔も今もかわらないと思うんですよ。ほら土偶だって乳房をつけてるでしょ? あれは豊穣の願いをこめてですかね。
とにかく、一般論としてです。でももちろん、子どもみたいにそうそう公言はしませんよね。それが大人ってもんです。ところが江戸のある長屋に熊五郎ってのがいまして、自称正直者だからと「おっぱい好き」を公言してはばからない。はばからないどころか周りに迷惑をかけるほどでして……

トントン、トントン。
「熊、入るよ」と言って長屋の大家のおかみさんが熊五郎のうちへ。
「あー、なんだ、おかみさんか」と熊五郎、がっかりして言う。
「なんだじゃないよ。昼間っからねころんで」
「おっぱいかと思ったよ」
「ばかいってんしゃない。おっぱいが戸をたたいて来るもんか」
「呼んでりゃ、いつかくるかもしんねえ」
「それだよそれ。長屋のみんなから苦情きてんだ。熊がうるせえって」
「あーわかった、わかった。おっぱいじゃなきゃ、とっと帰ってくれ。あゝ、おっぱいもみてえなァ」
「それを言ってんだよ。一日中もみてえ、もみてえって。ひまなあん摩さんだって言わないよ」
「しょうがねえじゃないか。もみてえもんはもみてえんだ。あゝもみてなあ、おっぱいもみてえなあ」と言って手をいやらしく動かす。
「だからって叫ぶことたァないじゃないか」

1 2 3 4 5 6 7
コメント
  • espress

    バカバカしくて笑える。

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    落語調の文体がとても読みやすく、米朝先生の声が脳裏に浮かびました。スラップスティック的な展開ののちに、主人公は原作と同じく、夢現つ的な異次元に消え去るわけですが、男は結局おっぱいの上で踊っておるのにすぎないのかもしれません。そんなことをふと思いました。(11月期優秀賞受賞者:谷聡一郎)