小説

『笛吹き男のコーダ』木江恭(『ハーメルンの笛吹き男』)

 言い終えた親爺が口を閉じるのを見て、碓氷は一つ大きく頷いた。途端に親爺は帳面に目を戻し、まるで碓氷などその場にいないかのように微動だにしなくなった。碓氷も構わずに、黒光りする階段を駆け上がる。
 いぬ、は時間の指定だ。かつてこの国で戌の刻と呼ばれていた時間まで、あと半刻と少し。全く急な話である。支度を急がねばならない。
 碓氷は寝間に入るなり襖を開け、押し入れに放り込んであった旅行鞄を引きずり出した。いぬ、が時間を示すなら、あかねのさくら、は場所の指定だ。そういえば町の西側に、茜楼という揚屋があった。葉芽留宿の盛り場では一等大きな店だった筈である。となれば、さくらは部屋の名前だろう。部屋に草花の名前を冠する店は多い。
 碓氷は鞄を開く。中にはさらに黒い箱が入っている。
 箱を取り出し、金具で留められた蓋を開けると、烏の濡れ羽色の横笛が現れる。
 日本古来の横笛ではない。西洋式横笛フルートである。指穴や息の吹き込み口さえも黒く染められた姿は、灯りのない闇夜のようにたおやかで優美だ。
 碓氷はそっと黒笛を手に取り、唇を吹き込み口に当てた。息は入れずに、ただ指を踊らせて動きを確認する。
徐々に強くクレッシェンド正確な速さでイン・テンポ
 聞こえるはずのない音が、碓氷の頭の中で響き渡る。
 碓氷には西洋式横笛の心得があった。どう息を吹き込めばどんな音が鳴るのか、どう指を走らせればどんな旋律を刻むのか、全て指と頭に叩き込んである。わざわざ音を鳴らして確認するまでもない。
 碓氷は黒笛を元通りに仕舞うと、着流しを脱ぎ捨て、暗い紺と鼠色の着物と袴に取り替えた。これで笛を包んだ風呂敷包みを背負えば、まるで今日着いたばかりの旅人のように見えるだろう。
 要らない荷物を再び押し入れに投げ込み、笛だけを背負うと碓氷は寝間を出た。階段を下り、親爺の横をすり抜けるようとして、ふと足を止める。
 気配を感じて顔を上げた親爺の前に、指を四本突き出した。
 鼠は四匹で変わりないか。
 親爺は頷いた。それで碓氷は満足して、宿を後にした。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    こんなふうに、優しい物語を端正に書けたらどんなにいいだろうかと羨ましくなりました。(9月期優秀賞受賞者:野本健二)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    奇をてらわない落ち着いた文章に情景描写、主要人物の二人が今までの環境から抜け出し、人生の仕切り直しを感じさせるラストが良いと思いました。(第2回優秀賞受賞者:小野塚一成)