小説

『海の星と星の海』三角重雄(『星の王子さま』)

 大きな宇宙の片すみに、ひときわ美しい星があります。
 暗い宇宙の星の海から見たその惑星は、青白く輝いています。白いのは雲です。雲はいつも変化しています。揺らめく光を放っているのは、その星が青い海で満たされているからです。
 海にはいくつかの島が浮かんでいます。その中に日が昇る島があり、ひとりの王子が住んでいました。
 王子のお城から海に出られるきざはしがあり、その先は浜辺に続いています。
 夏の朝です。きざはしをかけおりる少年がいました。王子です。王子は浜辺が好きです。
 日中、なぎさで、さざ波たちとたわむれる王子。小さな貝がらのいろどりが王子を楽しませます。海風が王子の胸をさわやかにします。
 でも、王子はひとりぼっちです。王子のお母さま・女王は体が丈夫ではないので、この先、弟や妹が生まれることはないでしょう。
 いいえ、海鳥が兄弟です。海鳥は高く舞い上がり、となりの島の様子を見て、王子に話してくれます。
 そして、さざ波が友達でした。波は遠い異国を旅して、王子のお城の浜辺に寄せるので、星の裏側の島国の話を、王子に聞かせてくれるのでした。
 夜には星が出ます。青い星、赤い星、白い星…。どの星もそれぞれまたたいて、王子に宇宙の話を伝えてくれます。
 その中でも王子と一番の仲良しの星は、二つの三角でできた星です。それは、天に向かう三角と地に向かう三角でできています。
 その星の名前はソプです。夜空から浜辺の王子を見つけると、おりてきます。
 星は浜辺におりると、光をやわらげます。一本の足で砂浜の数十センチ上に浮かんで、呼吸します。呼吸のたびに光が強くなり、弱くなり、王子の足を洗う波を照らします。
「星さん、また来てくれたんだね。こんばんは。ありがとう」
 星は三回光りながら
「王子さま、こんばんは。元気そうだね」
 と、いいました。王子は、
「星さん、教えてくれる。星さんは宇宙の星の海にいるの?」
「そうだよ」
「宇宙の星の海で泳ぐのはどんな気持ち?」
「この海で泳ぐのと、たぶん同じ気持ちだよ。泳いでみる?」
「うん」
 二人は泳ぐ用意をしました。海が好きな王子ですが、夜の海を泳ぐのははじめてです。王子は三回肩を回し、六回くっしんしました。一方、ソプの用意は、もう少し光をやわらげて、海ガメになることでした。

1 2 3
コメント