小説

『真冬のセミ』羽賀加代子(『アリとキリギリス』)

「おやっ?」
アリは窓の外に視線を向けた。
「今、何か動いたような……」
外は夜の帳が下り、先程から雪が降り続いている。
「んー……」
アリは窓に顔を近付け目を凝らした。
「どうかしましたか?」
キリギリスはバイオリンを弾く手を止め、アリの方を見た。
「いや、何か生き物の気配がしたんだが……」
「こんな雪の日に動き回ってるのは腹を空かせた獣だけでしょう」
「うーん……。なんかこう、もっと小さい、虫のような……」
「まさか」
キリギリスが笑いながら再びバイオリンの弦に弓を当てた時、
「あ! ほら!」
アリが窓の外を指差して叫んだ。
「え? ちょっと! アリさん!」
キリギリスの声を背中に受けながら、アリは衝動的に家を飛び出した。

ここはアリの家。
数年前の冬に命を救ったキリギリスと、木の根元に小さな洞穴を掘り二人でひっそりと暮らしている。
キリギリスはあれから改心し、アリと共に額に汗して働く日々を送っている。アリに頭が上がらないのだ。
「ちょっと、キリギリスくん! 手伝ってくれないか?」
「はい?」
雪にまみれて戻って来たアリは、そう叫ぶと再び雪の中に引き返して行った。
「ええ? 一体何事ですかぁ?」
キリギリスは重い腰を「よっこらせ」と上げると、バイオリンを椅子の上に丁寧に置き、渋々アリの後を追った。面倒臭がりの性分は相変わらずだ。

1 2 3 4 5 6 7
コメント