小説

『かえるのうたが』広瀬厚氏(『かえるの合唱』)

ツギクルバナー

 いつの時代でも子供達は自然の生き物が大好きである。どんなに文明が発展しようとも、基本それは変わらない、と願う。
 初夏、ある晴れた日、小学生の息子が近所の田んぼで、おたまじゃくしを網にすくい、バケツに入れて家に持ち帰った。
「お父さん、田んぼでおたまじゃくしとってきたよ」
「どれどれ、ほぉ、懐かしいな。お父さんも子供のころによくすくったよ」
 数匹の、いや、もっといたであろうか、しっかり数えてはいないが、兎に角おたまじゃくしがバケツの中窮屈そうに群れている。黒いぬめぬめがバケツの中うじゃうじゃしておる。
 私は家の裏の物置でほこりをかぶる古い金だらいを庭先に運び、バケツの中のおたまじゃくしを、バケツに入った田んぼの水ごと移してやった。
 水がまったく足りず、おたまじゃくしがぴちぴちはねる。水道水では好ましくないと思いつつも私は、取り敢えずに金だらいの半分程度を水道水で満たしてやった。
 たらいの中、おたまじゃくしは元気に泳いだ。私は、まあ大丈夫だろう、と、それ以降、水質をとくに気にかけることはしなかった。
「これでおたまじゃくしも伸び伸び泳げるな」
「うん、ありがとうお父さん」
 それから息子は金だらいの中、砂利や小石を敷き、水草をたゆたわせ、ビオトープのようにして観察を楽しんだ。
 私も子供の頃に同じようなことをした覚えがある。が、その後おたまじゃくしは、カエルとなったのか、カエルとなったとして、そのまま育てたのか、自然に帰したのか、古い記憶なので判然としない。

 息子のおたまじゃくしに、足が生え、手が生え、ずいぶんとカエルらしくなってきた頃である。
「お父さん、お父さん、ねえちょっと、はやく来て」と、庭先のほうから息子が私を呼ぶ声が聞こえる。
 私は玄関へはまわらず、庭に面した窓から顔を出し、
「おい、どうした?」と息子に問うた。
「おたまじゃくしみんな死んじゃったよ」
 そう私に応えると、息子は悲しそうに顔をくしゃげ泣きだしてしまった。
 私がサンダルをつっかけ、玄関から庭先へでてみると、金だらいの中、カエルになり損なったおたまじゃくしの群れが、腹を見せぷかりぷかりと浮かんでいた。果たして水が悪かったのだろうか、そうだとしても今となっては、もうどうすることも出来ない。

1 2
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    自分も小学校時代にバケツ一杯おたまじゃくしを飼っていた事がある。そして手足が生えてきた瞬間、こぇぇぇ、こいつら小魚じゃなかったのかよ!と驚愕したもんだ。そんな幼少期の思い出と重なって、この話の世界にすっかりのめり込んでしまった。非常に文章が短いにも関わらず、濃厚さがある良い作品だと思った。(12月期優秀賞受賞者:五十嵐涼)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    引っかかっている罪悪感が想起させたことと現実のギャップが優しくて面白かったです。(12月期優秀賞受賞者:室市雅則)