小説

『エナイ』和織(『ルンペルシュチルツヒェン』)

 殺し屋の彼がその悪戯を思いついてしまったのは、少しイライラしていたせいだった。彼はその日、いつものように深夜に仕事を終えて、夜が明ける前に自宅に着いた。彼が住むのは古いアパートだ。古いアパートにしか、彼は住んだことがない。新しくて綺麗なことや、セキュリティが万全なことは、彼にとっては無意味だからだ。ただ、一つだけ厄介なことがあった。猫だ。正確には、猫の発情期、だ。もちろん、古いアパートにしっかりした防音設備はない。だから発情する猫の声はときどき、耳元で叫ばれているかのように響いてきて、彼の眠りを妨げる。去年、区が雌猫の去勢手術を行って、だいぶマシになっていたのだが、他の場所からやってきた猫たちが、また増えてしまったらしい。
 結局、こういうのは鼬ごっこか、と不快な目覚め方をした彼は、とうとうそれまで迷っていたある行為を実行に移す決意をした。猫たちの殺害である。なぜ今までしなかったのかというと、誰も金を払ってくれないからだ。殺すときは、いつも金をもらってきた。彼が仕事以外で生物を殺したことは、一度もなかった。
 部屋を出ると、サングラスをしていても、陽が眩しくて嫌になった。彼はいつも大抵の人間が活動している時間に眠っている訳で、だから太陽は苦手だった。しかしこの後の仕事のために、後数時間は、妨げられることのない睡眠が必要だった。鳴き声がするのはアパートの奥だ。そこの角部屋の住人に心から同情しつつ、彼はツナ缶を手にそちらへ向かった。ちなみにこのツナ缶は猫用に用意してあったのではなく、彼の主食だ。
 奥へ入っていくと、そこに二匹の猫がいた。黒猫とブチだった。てっきり、ツナ缶を差し出せば二匹ともすんなり寄ってくるかと思いきや、黒猫の方は彼を見るとすぐに逃げ出した。野良猫というのもあまり侮れないなと彼は思ったが、とにかくブチ一匹はひっかけることができた。ツナ缶を持っていたので、一度部屋へ連れて行ってからから首の骨を折ることにした。幸い、抱き上げても猫は嫌がらなった。
 自分の部屋の方へ歩いていくと、彼は正面から視線を感じてそちらを見た。部屋の前にある廊下がアパートの入口に直結していて、開きっぱなしになった扉の前に、大きなランドセルを背負った少年がいた。実際にはランドセルは普通サイズなのだろうか、小学校へ上がったばかりなのだろう。少年があまりに小さいので、バランスがおかしく見えるのだ。少年は殺し屋の彼をというよりは、彼の抱える猫を、じっと見ていた。こちらへは来ないが、その眼は好奇心に満ちていた。
「さわりたい?」
 少年の瞳にくすぐられるような感覚を覚え、彼はそう言った。
「え・・・いいの?」
「いいよ、おいで」
 少年は上目遣いで、ゆっくりと近づいてきた。
「ほら」

1 2 3 4 5
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    お伽話のような優しい語り口なのに内容はさりげなく残酷で引き込まれました。ほっとするようなひやりとするような結末も印象的です。(9月期優秀賞受賞者:木江恭)