小説

『先生と龍』菊野琴子(『今昔物語集』巻第13「竜聞法花読誦依持者語降雨死語第三十三」)

ツギクルバナー

 西の山の峰の池に、龍の棲み処があった。
 毎日、龍は陽と共に空へ昇り、菩薩から命を受けて雲と雨を操り、夜になると再び池の底に帰っていくのだった。
 天から役割を与えられているということ、ただそれだけが、龍にとっての歓びだった。だというのに、いつからこのような思いを抱くようになってしまったのか、龍にもわからなかった。
 龍は独りだった。
 龍は、寂しかった。

   ***

 ある帝の代、龍苑寺(りゅうえんじ)という寺があった。山の頂にたつその寺は、かつては名を馳せていたが、今は廃寺となっていた。
 さて、ここに一人の青年が居る。時節は春。ほのぼのあけゆく空の下、春霜を踏みしめながら山の頂を目指しているようだ。
 陽の光が山に触れたとき、青年は頂に着いた。夜霧を遮るためにまとっていた覆いを解き、光の下に現れた姿は隅々まできらきらしく、鳥や虫、木々や草花までが、天に歓喜を伝えた。それは、金色の柱となって天に伸びた。
 陽の光に溶けた春霜が葉からするりと落ちるころ、長いこと龍苑寺を眺めていた青年は柔らかく笑んだ。
「これなら、何とか直せそうですね」
 青年の姓は琳(リン)、名は翠巒(スイラン)。彼は、天の祝福を受けた人間だった。
 何をするでなくただ居るだけで人を癒すこともあれば、卓越した知識と技術で村一つを救うこともあった。
 そんな彼がなぜ龍苑寺を訪れたのか、今となっては知る者はない。わかっているのは、彼が龍苑寺で多くの者に学問を教えていたこと。そして、彼の教え子達が後に、「金色の世」と称される時代を作り上げたこと。
 大人達は専ら、この話を教訓めかして子供達に聞かせたがったが、子供達が請うのはいつも、もう一つの話だった。
 それは、翠巒と龍の話。

 龍が翠巒に出逢うところから、この話は始まる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    何より文章が上手で雰囲気がすごく出てました。底力を感じます。原作(伝説?)に忠実な展開でしたが物語の世界をじっくりと書き出していたと思います。(1月期優秀賞受賞者:柘榴木昴)