小説

『裸の王様』anurito(『裸の王様』他)

「つまり、かぐや姫の正体は、月から来たシレナイト(月人)、宇宙人だったんだ。地球に来た目的もはっきりしている。彼女が、結婚の条件として花婿候補たちに要求した宝物だ。龍の首の珠、火鼠の皮、燕の産んだ子安貝、そう言ったものが何らかの理由で、シレナイトたちは必要だったのだろう。それらを手に入れる特命を受けて、かぐや姫は地球に潜入したのだが、結局、目的はかなわず、仕方なく月へ帰っていったと言う訳だ」
 大手出版社の編集者を前にして、アール氏は自信満々にそう語ってみせた。
 アール氏は、政府の高官にして、大統領の相談役である。
 彼が今、一番力を入れていた政策と言うのが、童話や昔話に科学的な視線を持ち込む事で、国の将来を担う子どもたちにもっと理科学系の仕事への関心を持たせよう、と言うものだった。
 何しろ、かっては世界でも有数の技術大国だった、この国も、最近では高度成長に陰りが見え始め、科学技術や電化製品の売上げなどの面でも、技術新興国に追いつかれ、抜かされもし始めていた。こんな衰退を招いてしまったのも、そもそもは、国民の科学への無関心さが悪いのだ。子どもたちには、小さな頃から科学的発想に馴染ませ、将来的に優秀な科学者やエンジニアを目指すように育てなければ、この国が再び技術先進国として世界のトップに返り咲く事もありえないであろう。
 かくて、アール氏は、子どもたちが最初に読むであろう童話やおとぎ話にまで、無理に科学的な説明を付け加え、子どもたちに原初体験の段階から科学的着想に触れさせて、科学が好きな人間にと育成し、行く末は優れた科学者や技術者になるよう誘導していこうという、新しい教育方針を打ち出したのだった。
 アール氏は、上述したかぐや姫の他にも、童話「金のガチョウ」に出てくる黄金色のガチョウは発電機械だったと言う仮説を提唱していた。このガチョウは電気を帯びていたから、触った人間は感電してくっついてしまい、皆がつながってしまったと言うのだ。なぜ感電死しなかったのか、という素朴な疑問は、このさい触れない事にする。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    原作が好きなので。というのは冗談です。最初に読んだ印象は、「星新一先生が書いたみたい。ひょっとして-作・・・・・・」でした。ちょこっと調べてみた結果、同じように『裸の王様』をモチーフにした話はありましたが、全然違う内容でした。疑って、ごめんなさい。そんなこんなもあって、最終的にどれを選ぼうか、四つの物語で迷いました。『三万年目』は文体とユーモラスな小ネタの数々、『狸釜』は独特の雰囲気が、個人的に良かったです。あと一つがどの物語なのかは、伏せておきます。あるアイデアが、とても面白いと感じました。四つの物語は僅差でしたが、今回は『裸の王様』で。駄文失礼しました。(1月期優秀賞受賞者:℃)

    • anurito

      お察しの通り、このお話は、星新一風に書いてみました。宇宙人が出てきて、懐疑的にもならず、ポンポン話が進むくだりを見ていると、私自身、これって星新一ワールドだなぁと思えてしまったからです。だから、主人公の名前もエヌ氏ならぬアール氏なのであります。

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    若かりしころ、NASDA(現JAXA)に勤めていました。(お茶くみOLですが!)当時は、日本初の人工衛星が打ち上げられ、最先端の宇宙科学に従事している研究員の方から、ビリー・マイヤーという作家の本を渡されました。人間という生物がつくられた意味、だれが? どうしてこの地球ができたのか? その意味はダーウィンとか、ほかでも絶対のところはどんな科学でもわかりえない部分があるのかしら? と娘心に思ったものです。読んでも、難しくて理解できませんでしたが、生身の人(子供)の純粋な心の中の方が、本当の宇宙なのではないかとパロディな感じがおもしろいと思いました。(1月期優秀賞受賞者:本多ミル)