小説

『輪廻』沢田萌(『源氏物語』)

 花たちの香りが初夏の爽やかな風にのって辺りに漂っていた。紫陽花から主役を交代したバラが朝露に光っていた。
 「お祖母ちゃん、バラの花ちょうだい」
 「バラが好きなのかい?」
 「ママにあげたいの」
 祖母の顔が曇った。
 田村の見舞いのバラを母が喜ぶので、私も母にバラをあげたかった。
 「バラは庭で咲いているから美しい」
 祖母の答えは意外だった。
 祖母は軽く私の頬を抓って
 「あの女にそっくり」と言った。
 私は黙ったまま祖母を見つめた。
 あの時の祖母の目を私は生涯忘れない。「あの女」とは母のことだ。子どもの私でもわかっていた。亡くなった父の親族も皆、影で母をそう呼んでいた。私は母に似ていることが罪に思えた。それは罪悪感となって心に影を落とした。

  
 
 年頃になると私はますます母に似てきた。
 「また告白されたの?」
 真知子はメガネの奥の糸みたいな細い目を見開いて言った。
 「私も美人に生まれたかった。親に感謝だね」
 私は母から受け継いだ美貌が、ずっと罪だと思っていた。でも真知子の言う通り親に感謝なのかもしれない、と思った。今まで抱えていた罪悪感が消えていった。
 「玲奈みたいにモテたら人生、楽しくてしかたないよね」
 真知子が溜息をつく。
 「まぁね」私は片頬で笑った。
 でも、心は満たされていなかった。私を好きになってくれるのが田村じゃないから。高校生になっても田村への思いは変わらない。いや、思いは募るばかりで、私はやり場のない気持ちを小学生の頃、イヤラシイと思っていた行為で紛らわせた。言い寄る男たちを田村の身代わりにして。それでも心は荒むばっかりで「なぜ」と自分に問いかけると「愛してないから」とわかりきった答えが返ってきた。ああ、最後はやっぱりそこに行き着いてしまうのか、と、いつも絶望的な気持ちになるのだった。
 

1 2 3 4 5 6 7 8
コメント