小説

『かなしみ』末永政和(『デンデンムシノ カナシミ』新美南吉)

 一人の少年がありました。
 ある日その少年は、大変なことに気がつきました。
「ぼくは今までうっかりしていたけれど、ぼくの背中にはかなしみがいっぱい詰まっているではないか」
 だからぼくは学校に行きたくないのだと、少年は思いました。ノートや教科書や文房具に混じって、ランドセルのなかにはかなしみがつまっている。どうりで重たいわけでした。
 すると少年の目には、いろいろのことがかなしみを背負っているように思えてきたのです。小学校の校庭の銅像も、枯れ枝をたくさん背負ってしかめっつらをしていました。テレビで見た登山者も、大きなリュックを背負ってくるしそうな顔をしていました。大人になってもこのかなしみが続くのかと思うと、もう生きていられないような気がしてきたのです。みんなも同じようにかなしいのだろうかと思ったけれど、そんなことを友達に聞くわけにもいきません。ひとりぼっちが身にしみて、なんだか泣きたいような気持になりました。

 寒い冬は陽がはやく落ちて、少年は薄暗がりのなかをトボトボと歩いていました。真っ黒なランドセルはいつもより重たく感じられました。
 学校から家に帰ると、おかあさんの背中で赤ん坊がわんわん泣いていました。半年前に生まれたばかりの妹です。少年は、この妹にお母さんを取られたような気がして、それでかなしかったのです。自分もお母さんにおんぶしてほしいのに、あべこべにランドセルを背負わされている。そして毎朝、ランドセルを背負ったらお母さんと離ればなれにならないといけないのです。学校で授業を受けているあいだ、妹がお母さんを独り占めしているのかと思うと、それもかなしくてしかたないのでした。
 けれどその日は違いました。お母さんが、少年にはじめて妹をおんぶさせてくれたのです。とたんに妹は泣きやんで、小さな手をばたばたさせながらかわいらしく笑いました。そのたびに首元にやわらかい息がかかって、くすぐったくて仕方ありませんでした。冬の寒さなんて忘れてしまうくらいに妹の体はあったかくて、少年の心もあたたまっていくようでした。

1 2
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    題材も作品の雰囲気も、他作品とは少し違っていて目を引きました。原作を意識した語り口と、多感な少年を通して描かれる些細な日常がよくマッチしていて、穏やかな雰囲気で運ばれる作品です。最近では長めのショートショートが多い中、無駄なくコンパクトにまとめられている形は美しいとも思いました。思いがけない結末やオチがあるわけではないけれど、良い意味でシンプルかつ真っすぐなショートショートだと思います。(9月期優秀賞受賞者:長月竜胆)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    簡潔な文章でとても良かったです。映像が脳裡に浮かびました。(9月期優秀賞受賞者:広瀬厚氏)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    「ランドセルの中にはかなしみが詰まっている。だから重い」という導入が好きです。短いストーリーの中にも、我儘になりきって赤ちゃん返りできない、少年の「良い子」であるが故のかなしさと、家族愛が込められていて素敵でした。文体も上品で優しさと安心感がありました。(9月期優秀賞受賞者:園山真央)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    とてもまっすぐな作品で、絵本になりそうだと思った。(9月期優秀賞受賞者:柿沼雅美)

  • 羊時計

    この作品をきっかけに元の作品を初めてよみました。ありがとうございます。子供が読んで子供が救われる作品は貴重だと思います。大人になるとこういう痛い思いではなかったことにしてしまうから、子供の気持ちがわからなくなります。でも大人になっても覚えていて子供のことをわかってくれる人がいるんだなと思いました。愛しさについての見解も素敵です。