小説

『キオ』大前粟生(『ピノキオ』)

ツギクルバナー

 猫によく似た顔の母親が子どもを連れて公園にきた。その男の子はクジラの帽子を被っている。魔法使いの帽子のように縦に尖った、あるいは垂直に墜落していく腹の大きな飛行機のようなシルエットをしたクジラの帽子で、ちょうど男の子の頭がクジラに呑み込まれているように見える。
平日の午後で、公園では他の子どもたちが早回しみたいに忙しなく走りまわったり、遊具をすべり下りたりしていた。
「さぁ、いって」母親がいうが、男の子は母親の手をぎゅっと握り返した。
「いってよ。もう。みんなと仲良くならなきゃ」
 母親はしゃがみながら男の子にそういって、小さな五本指を解いていく。
「お母さん、そこに座ってるからね」
 母親はひとり、向こうにあるベンチに向かおうとするが、男の子が服の裾を掴んで離そうとしない。
「あのね、いつまでもお母さんに甘えてちゃダメなの。子ども同士、仲良くできるでしょ? ほら、みんなあんなに楽しそう」
 男の子は首を横に振る。母親がため息をつく。
「ねぇ、ゲン。だったらこうしよう。お母さんがゲンといっしょに滑り台のところまでいって、『この子といっしょに遊んであげてくれる?』ってみんなに聞くから。ね? そうしようか?」
 男の子はさっきより強く首を振った。涙目になっているが、母親はそれをなんとも思わないようにしている。「ほら、いってらっしゃいよ」
 男の子はとぼとぼと滑り台のところにいくが、子どもたちに声をかけることができなくて、ひとりで滑り台に登った。その横を他の子どもたちが通り過ぎていく。男の子は子どもたちのあとに並んで、自分もいっしょに遊んでいるかのように振る舞ってみるが、子どもたちは滑り終えると砂場の方へさっさといってしまう。男の子も砂場にいくが、他の子どもたちとは少し離れたところでひとりで遊ぶ。歪な山のようなものを作って、トンネルを開通させようとするが、途中で崩れてしまう。泣き出しそうになっている男の子に、ベンチに座っているひとりのおじいさんが声をかける。
「おじいさんといっしょに作るか?」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    まず、作中で男の子(ゲン)は母親と父親の言葉に対して声を発して返答していない。まるで母親が母親であるための/父親が父親であるための家庭における「お人形」のようだ。その男の子は、自らの家庭において「息子」としてしか扱われていないのではないか。「息子」以前に「ゲンという名の男の子」という個人である、ということに対して、まるで盲目的な世界で生きているのではないだろうか。ということに思い至り、そしてこの素晴らしい短編は「キノピオ」の二次創作である、それだけで僕は戦慄した。  この作品は、ストーリーと文章とをフルに使ってイメージそのものを叩きつけるような特異な書き方をしているが、ただのイロモノ、思いつきのそれっぽい言葉、意味があるようで意味のない詩を繋げて作ったストーリー、では断じてない。  人形のようだった男の子が、本物の人形になっておじいさんがおじいさんの嘘で伸ばした鼻をドリルのように回転させ、両親の元へ向かう。そこで物語は幕を閉じるが、おそらく復讐が行われるのだろう。人形が歩いたり鼻がドリル回転したりと非現実的ではあるが、家庭から無自覚の抑圧を受けた子供の復讐、というモチーフを読み取ると、一見ナンセンス小説のようでも、特異な世界観の中に普遍的なテーマを孕んでいることがわかる。  という読み方はあくまで、僕が勝手にそう読んだというものに過ぎない。が、もしこの読み方が間違っていたとしても(読み方に間違いも何もないのかも知れないが)僕はこの作品を推すだろう。頭で考えて楽しむこともできるが、それ以前に文体と物語が持った凄み、トリップ感、他ではそうそう味わえない食感、それらを感覚的に咀嚼するだけでも、この作品が凡作ではないと直感で理解できるはずである。この作品が映像になるとき、どういった化学反応を起こすのか、楽しみで仕方がない。(第2回優秀賞受賞者:枯木枕)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    ダーク・メルヘンのような雰囲気が好きでした。(第2回優秀賞受賞者:化野生姜)