小説

『桃太郎と桃太郎と桃太郎と桃太郎と桃太郎と桃太郎と桃太郎と』大前粟生(『桃太郎』)

ツギクルバナー

 ある日、桃太郎は山へしば刈りに、桃太郎は川へ洗濯をしにいく。桃太郎が川で洗濯をしていると、桃太郎がどんぶらこ、どんぶらこ、と流れてくる。桃太郎は早速それを持ち帰ろうとしたが、川はあなたが思っているよりも深くて、桃太郎は冷え性だ。桃太郎はそのことをよく知っていて、桃太郎は自分から岸に上がる。桃太郎は桃太郎を持って家に帰って、桃太郎が帰ってくるのを待ちわびている。
桃太郎が帰ってくると桃太郎は川で拾った桃太郎を自慢げに桃太郎に見せる。
「さっそく桃太郎を切って、食べようじゃないか」と桃太郎がいう。桃太郎としてもそのつもりだったが、包丁を研ぐのを忘れていた。桃太郎は桃太郎をどうせならひと息で真っ二つにしたい。桃太郎が包丁を研いでいる間、桃太郎はそわそわしている。桃太郎は意外にも硬いので、包丁はよく研がないといけない。桃太郎は桃太郎がテレビを見て呑気に笑っているのでいらいらしている。桃太郎と桃太郎は倦怠期だ。
 桃太郎は桃太郎に包丁をあてた。すると桃太郎はひとりでに割れ、なかからはなんと、元気な桃太郎が出てきたではないか! 桃太郎と桃太郎は桃太郎が桃太郎から出てきたので桃太郎と名づけた。桃太郎と桃太郎と桃太郎は桃太郎をおいしく食べた。
 桃太郎はすくすくと育って、立派な青年になった、と桃太郎は思っている。でも桃太郎は桃太郎に隠れてたばこを吸っている。桃太郎は夜遅く疲れて帰ってくる桃太郎みたいにはなりたくないと思っている。桃太郎は早く家を出たかった。
 ある日桃太郎は市民会館の前で、鬼退治者募集の広告を見た。
「桃太郎、桃太郎、桃太郎は鬼退治にいってきます」と桃太郎はいった。桃太郎は悲しんだが、桃太郎は桃太郎のことを勇ましく思った。桃太郎が次の日の朝早くに出発するというと、桃太郎は桃太郎にきびだんごを持たせた。
 朝日を浴びながら、桃太郎は泣いて桃太郎が泣いた。意外にも桃太郎も泣いた。
 こうして、桃太郎の旅がはじまった。
 桃太郎は鬼退治をするつもりなんてなかったが、桃太郎は鬼退治をするものということに、昔からなっている。桃太郎はそんなの糞くらえと思っているが、足は鬼が島に向いてしまう。あなたが桃太郎を鬼退治をする存在にしているのだ。
 桃太郎が嫌々歩いていると、桃太郎がいた。桃太郎は木から飛び降りて桃太郎にいう。
「桃太郎、腰につけたきびだんごをひとつ桃太郎にくださいな」

1 2 3
コメント
  • had

    円城塔さんっぽい。

  • すいとう

    ナンセンス小説ですね。

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    乱立する桃太郎たちに最初から狼狽し、それでも読み進めずにはいられない切り口。読みながら自分の常識が揺さぶられていく感じが、不安でもあり、心地よくもあり。最後の奇妙さは筒井康隆や安部公房、内田百閒を読み終えたときのようでした。(8月期優秀賞受賞者:石橋直子)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    ただのアバンギャルドではないと気付いた時にぞっとしました。昔こども番組で見た『だんだんだんだん』という歌を彷彿とさせます。不気味な読後感は、私もあまたの桃太郎のひとりだからでしょうか。(8月期優秀賞受賞者:朝蔭あゆ)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    内容のナンセンス具合がたまりませんでした。(8月期優秀賞受賞者:化野生姜)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    短編では自分の描きたいことをいかに凝縮するか、という課題に苛まれるのがわたし。だから、原稿用紙のマス目は、非常に貴重である。この作品では冒頭から、その大切なマス目がひたすら「桃太郎」という単語で埋められていく。一万字という文字制限のある原稿で、コピペ(あるいは単語登録)手法を使うのか、というのが驚きであり、目を惹いた。そしてまだ多分にページに余裕があるにも関わらず、「あとは言わずもがな」と読み手に丸投げしてしまう。それが返ってわたしを「もっと繰り返すところでしょ」という気持ちにさせ、まんまと「桃太郎おかわり」心理作戦にはめられてしまった。引き際が上手く、読者の想像の余地を上手く盛り込んでいると思う。また「舞台上全員桃太郎状態」には、シニカルな笑いを誘われた。実際に主役が何人もぞろぞろ現れる発表会を、観てきたから。(8月期優秀賞受賞者:山名美穂)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    均質化される社会を、アイロニカルに表現しているように思えたためです。

    かけっこの順位付けもダメ、目立つのもダメ、誰もが一番じゃないとダメ…といったくだらない世の中が、桃太郎と桃太郎と桃太郎たちの劇で表されていて。そんなくだらない世の中に染まってしまった(死んだ)人が、危うさに気が付かず

    狂ったように拍手をしている狂った姿…というように読み取れる最後のシーンは、どことなく寒気を覚えてしまいました。

    ※あくまで私見なので、意図されているものとは違うかもしれませんが…

    (第2回最終候補:西橋京佑)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    現代人の危うい傾向を昔話になぞってブラックユーモア溢れる作品にした。(第2回優秀賞受賞者:霧夜真魚)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    スラップスティックなところが、私の作風にも似てて、楽しめました。(第2回優秀賞受賞者:anurito)