小説

『くじの糸』青木敦宏(『蜘蛛の糸』)

 12月28日。ちらちらと風花の舞う札幌で、人込みの中を奸田太一(かんだたいち)は俯いて歩いている。彼女から借りた金をG1レースに全て注ぎ込み、懐は見事にスッカラカンだ。太一は地下街のベンチに座り込んだ。競馬新聞を何度も読み返しては、
「ここだ、この予想が甘かったか・・・」
 後悔の言葉を、繰り返していた。

 その頃、天上界は八百万の神様が師走の繁忙期に天手古舞していた。その中で、福の神に昇格したばかりの福之平(ふくのひら)は、休みを前にウキウキとした気分で昼食へ向かった。
「福之平くん、こっちこっち」
 声に振り向くと、天女の岩原が手を振っている。弁財天様の部下として働く岩原は、福の神事業部では、なかなかに美しいことで知られていた。
「明日から、予定通りに休めそう?」
「もちろんだよ。そのために頑張ってきたからね。絶対に休むよ」
「よかった。私、竜宮城って初めてなの。楽しみだわ・・・じゃあ、私もう行かなきゃ」
「出発は明日の朝だ。必ず連絡するよ」
福之平は、ほくほくとした気分で昼食を終えて、個人コンシューマー部へ戻った。
「さて、午後は残務整理をして、時間でもつぶそう。明日はさとみちゃんと・・・うふふふふ」
 緩みがちな口元を抑えながら、福之平は個人用幸福割当ファイルを開いた。人間のシステムを参考に管理するようになってから、最近は仕事の効率が上がっている。
「福之平君、ちょっと」
 恵比寿様からお呼びがかかった。
「はい」
 福之平は恵比寿の席へ向かう途中、上司の眉間に刻まれたシワを見て、嫌な予感がした。
「なんでしょうか」
「福之平君、君の担当している個人配布割当だが、今年分がまだ未達成だね」
 恵比寿は手元の書類を見ながら、福之平を一瞥した。恵比寿顔の目だけが笑っていない。
「・・・はい。年明け早々には取り掛かる予定です」
「残額は一億か。今年の割当を来年に回すのは感心しない。すぐに着手して終わらせたまえ」
 席に戻ろうとした福之平に、恵比寿は念を押して、こう言った。

1 2 3 4 5 6 7 8
コメント