小説

『ヤマネコの夜』藤野(『注文の多い料理店』)

 ホテルのフロントで「まだ空きがありますよ」と勧められて申し込むことにしたナイトツアーは「ナイトツアー」という名称しか分からずどこに行って何をするのか全く聞いていなかった。
 南国とはいえ12月のため、寒いのは苦手なのですと確認したら「寒くはないですけど、夜なので明るめのお洋服が良いですよ」と微笑まれた。
 アドバイスに従って白いワンピースにわざわざ着替えた。寒くはないと言われたがやはり少し肌寒い。迎えに来たバンに乗り込んで他の参加者の格好を見た時、私だけが方向性を違えていることにすぐ気付いた。
 ガイドの女の子は私の格好を目にしても驚いた顔を一つ見せずに名前を確認すると空いている席に座るように手で示しただけだった。
 中にはすでに4名の先客がいた。
 スペイン系の美男美女のカップルが後部座席を占領し、何やら囁きながら笑いあっている。その1つ前の座席に男性が1人、そのさらに1つ前の席に女性が1人座っていた。大きな虫取り網を抱えた女性は薄暗い中でもわかるくらい必死な形相で本を読んでいた。
 黙って男性の隣に腰を下ろすと、少し驚いた顔をされたが、会釈をして席を詰めてくれた。ちらちらとこちらを気にしている様子がわかる。私の服装が不思議なのだろう。明らかに他の4人はトレッキングに適した格好をしている。前の席の女性は網を持っているし、後ろのカップルは脇にナイフのようなものを置いている。
 私が席に着くとすぐに車は走り出した。運転をしている年配の男性がどうやらガイドらしいが、ガイドらしい口上は特になく、アシスタントらしい女の子も何も言わない。彼女が乗り込む時に男性から受け取った箱を膝に乗せているが、カサカサと奇妙な音がそこから聞こえてくる。
 隣の男性がカメラを取り出して準備を始めたのを機に尋ねてみた。
「あの、このナイトツアーはどこに行くのでしょうか」
 また驚いた顔をされたが、ちゃんと教えてくれた。
「ヤマネコを探しに行くんだよ」男性の答えにホッとする。それであれば楽しむことができそうだ。男性は私の服装に目をやると、カメラをいじる手を止めて声を少しひそめた。
「見つけた後のことは自分の責任になるから君もちゃんと考えておいた方が良いよ」
「責任、ですか?」怪我をしたりする可能性があるのだろうか。男性は目を細めて笑うと少し私の方に体を寄せた。
「そうだよ。僕は写真が趣味だからね。できるだけ野生の状態で写真に収められると良いんだけど」
 それは悪くない。もし男性が写真を撮れたらもらえないかお願いしてみよう。そう思っていたら男性が私にもっとそばに寄るように手招きする。近寄るとさらに声を潜めた。

1 2 3 4
コメント