小説

『はたから見たらごんぎつね』渋澤怜(『ごんぎつね』)

A 業深いきつね
 山の中で一人ぼっちで暮らすごんというきつねは、心の底から意地汚い子狐で、夜でも昼でも、あたりの村へ出てきて、いたずらばかりしていました。はたけへ入って芋をほりちらしたり、菜種がらの、ほしてあるのへ火をつけたり、百姓家の裏手につるしてあるとんがらしをむしりとって、いったり、いろんなことをしました。
 ある秋の夜、兵十という村人が魚を捕っているところを見かけ、ちょいといたずらがしたくなったごんは、兵十が目を離したすきにびくの中の魚を全て逃がしてしまいました。ごんがびくの中に頭を突っ込んでうなぎの頭を口にくわえたところで、兵十が「うわあぬすとぎつねめ」と怒鳴りたててきましたが、ごんはなんとか逃げ切ることが出来ました。
 十日ほどたって、ごんがたまたま村の近くを通りがかると、兵十の母親の葬式が行われていることを知りました。その時、ごんは、こう思いました。
「兵十のおっ母は、床についていて、うなぎが食べたいと言ったにちがいない。それで兵十がはりきり網をもち出したんだ。ところが、わしがいたずらをして、うなぎをとって来てしまった。だから兵十は、おっ母にうなぎを食べさせることができなかった。そのままおっ母は、死んじゃったにちがいない。ああ、うなぎが食べたい、うなぎが食べたいとおもいながら、死んだんだろう。ああ!! いい気味!! いい気味!! わしを逃した兵十のうすのろっぷりといったら、笑いものだったなあ!!」
 兵十は今まで、おっ母と二人ふたりきりで、貧しいくらしをしていたもので、おっ母が死んでしまっては、もう一人ぼっちでした。
「おれと同じ一人ぼっちの兵十か。いい気味!! いい気味!!」
 ごんが、井戸のところで麦をといでいる兵十の後姿を見ながらそう思っていると、どこかで、いわしを売る声がします。
「いわしの安売りだあい。生きのいい、いわしだあい。」
 ごんはいわし屋の目を盗んでかごの中から五、六匹のいわしをつかみだすと、兵十の家の裏口から、家の中へ放り込み、穴へむかって駆け戻りました。
「これで兵十のやつ、きっと盗人あつかいされて、いわし屋にぶん殴られるだろう」
 案の上、次の日に兵十の家を覗いてみると、ほっぺたにかすり傷をつけた兵十が、
「一たいだれが、いわしなんかをおれの家へほうりこんでいったんだろう。おかげでおれは、盗人と思われて、いわし屋のやつに、ひどい目にあわされた」

1 2 3 4 5 6 7
コメント