小説

『奪う声』菊野琴子(『ルンペルシュティルツヒェン』『灰かぶり』)

 ふつうのひとになりたかった。愚かでもなく、賢くもない。醜くもなく、美しくもない。誰からも馬鹿にされない、誰からも妬まれない、ふつうのひとになりたかった。
 前髪をのばし、眼鏡をかけ、灰色の服を着た。小さな声で挨拶をし、決められた集まりには出席して、にこにこするようにした。何も考えず、言われたことだけをやり、誘われれば遊びに行き、相談事を聞いて相手の欲しがっている言葉だけを口にした。
 願いは叶い、私はふつうのひとになった。適度に軽んじられ、適度に大切にされる、ふつうのひとになった。
 でも、いま、夢を見る。

――――――足りない。足りない。足りない。もっと差し出してくれなくちゃあ、願いを叶えることはできないよ。

 何を差し出せばいいのですか、と私はいつも懇願するように問う。

――――――おまえは何を持っている。

 わずかな友情を。

――――――いいだろう。

 目を覚ますと、いつも体がひどく重い。夢のことは、隅々まで覚えている。私はこわくなる。気づくと、友人からの連絡に応えるのが疎かになっている。休日に誘ってくれる友人がいなくなったとき、また夢を見た。

――――――足りない。足りない。足りない。もっと差し出してくれなくちゃあ、願いを叶えることはできないよ。

 私は必死で叫ぶ。
 わずかです、わずかです、私が持っているものは、何もかもがわずかなんです。
 あなたは誰なんです。どうして私から奪っていこうとするんです。

 声は笑う。

1 2 3
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    少ない情報と対話の多い展開は童話のようなテンポがあり、人間味のある内容と相まって短編ならではの読みやすさと切れ味を堪能できました。読後感もよくて好きです。(3月期優秀賞受賞者:柘榴木昴)