小説

『銀三匁』石川哲也(『かちかち山』)

 むかしむかし、奥深い山村に、佐(さ)吉(きち)という男がいました。男には女房と幼い娘がいました。男は木を切り、獣を捕らえ、貧しくとも慎ましい生活を送っていました。
 ある年、大きな山火事があり、切り倒す木も、捕まえる獣もなくなってしまいました。ただ、幸いなことに、佐吉の一家は無事でした。
 妻子を食べさせるため、佐吉はひとり山を下り、大きな地主の小作人になりました。
 男の顔は満月の様に丸く、やはりまん丸い目の周りには黒いくまがあり、まるで狸のようでした。見た目だけでなく、のそのそした歩き方も狸みたいだったのでしょう。小作人たちは、佐吉のことを「たぬ吉(きち)」とよんでいました。

 むかしむかし、大きな都に、新助(しんすけ)という若者がひとりで暮らしていました。若者はバクチを打ち、人の物を盗り、好き放題に生きていました。
 ある年、大きな盗みをしくじり、新助は都の役人に追われました。実に、残念なことに、若者は逃げおおせてしまいました。
 ほとぼりが冷めるのを待つため、新助は都を離れ、田舎で小作人になりました。もちろん真面目に働くわけはなく、要領よく立ち回りました。
 若者は色白で、歌舞伎の女形のように見目麗しく、愛くるしい笑顔は周りの人を惹きつけました。本性ではない、見た目に騙されたのでしょう。村の娘たちの間では、新助は「うさぎ」のように愛らしいと人気がありました。

 
 田舎娘で情欲を満たした新助が小作人長屋に戻ると、佐吉が難しい顔で唸っていた。むさくるしい男の悩みに興味のない若者は、涼しげな顔をしたまま、擦り切れた畳の上にごろりと横になり、ひと寝入りしようとした。
「のう、頼みがあるんじゃが」
 佐吉に声をかけられ、新助は仕方なく起き上がる。心とは裏腹に、若者は声をかけてもらえて嬉しいという表情さえ見せた。
「なんですか? 私にできる事であればよいのですが」
 はきはき答える新助に対し、佐吉はぐずぐずして、なかなか言葉を口にしない。新助の、わずかしかない忍耐心が尽きる寸前、ようやく佐吉が話し始めた。
「わしの村のもんがやってきて言うんじゃが、娘が流行り(はやり)病にかかってしもうたそうじゃ。この村の薬師のところに良い薬があるんだが、高くてのう……」
 佐吉は金を無心してきた。

1 2 3 4 5 6 7
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    そのまま昔話として語り継がれていそうなほどです。そぎ落とされていてとても中身が濃く、一気に読ませる力量に圧巻でした。私には書けないタイプのお話で尚のこと惹き付けられたのだと思います。(3月期優秀賞受賞者:百瀬多佳子)