小説

『人魚とダンス』戸田鳥(『人魚姫』)

(海藻が釣り糸に引っ掛かった)
 そう思って引き上げたら、人魚の死体が釣れた。
 海藻に見えていたものは、人魚の髪だった。黒々と波打つ髪が青白い肌を隠すように広がり、隠しきれなかった乳房の下に棒のようなものがめり込んでいる。その背中からは矢のような金属が突き出ていた。銛(モリ)が貫通しているのだ。ホラー映画に弱い僕はめまいがした。実際、数秒間は立ったまま気絶していたかもしれない。視界が真っ暗になって、顔にぴしゃりと水がかかった。
 冷たい。
「ねえちょっと」
 足元で声がした。
「髪が絡まって痛いんだけど」
 堤防の上に寝そべった人魚が、僕を睨んでいる。死んで濁っているかに見えた白っぽい眼が、黒髪の下で光を放っていた。生きているのか。
 喉から引きつった音が出た。
 人魚はイライラした様子で、釣り糸をほぐそうと上半身を持ち上げた。背中に突き出ている銛先がはっきり見える。僕がハサミで釣り糸を切ると、人魚は振り返って僕に聞いた。
「きみ、これ抜いてくれる?」
 人魚の細い指先は胸元を指していた。
「これって……銛ですか」
「他にないでしょ」
 抜いてしまっていいのだろうか。中身が出たりするのでは。スプラッタな事態にならぬようにと願いながら、人魚の後ろにまわって銛を握る。陶器のような背中から銛先が生えている、奇妙な景色だった。刃に触れないよう恐る恐る引っ張ると、意外に抵抗なく、銛は滑るように抜けた。その途端、「王子様!」と人魚が僕に抱きついた。危うく銛先を自分に刺しそうになる。
「あら危ない」
 人魚は僕から離れた。彼女の胸には銛の柄の幅に穴が開いているが、傷口は皮膚に覆われている。中身が漏れていないので僕はほっとした。
 唐突に、人魚が歌い出した。両手を広げて芝居っ気たっぷりに。
「この銛を突いたのはあなたなのね。わたしの心臓を射止めた人を探していたの。運命のひと」
「はい?」

1 2 3 4 5 6 7 8 9
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    人魚姫というと暗かったりちょっと怖かったりするイメージがあるのですが、このお話は普通の人間同士のほんわかした恋物語のようで、それが新鮮でした。大きな盛り上がりなどなく淡々としているのに、魅力的で余韻も素敵です。(3月期優秀賞受賞者:和織)