小説

『抜け小鈴』清水その字(古典落語『抜け雀』)

 美術室に女の子の幽霊が出る。学校という場所で、この手の噂はよくあることだ。今日もたまたまその話題が出たとき、それを直に見たことのある俺は黙って絵を描き続けていた。
 かしましい声で話す後輩たち曰く、出没するのは日没以降。美術室の倉庫の奥から現れ、ゆっくりと学校内を一回りして消えていく。その姿は赤い着物を来た女の子。正体は昔倉庫の片付けをしていた際、棚から落下した額縁に当たって死んだ生徒の地縛霊だとか。
 最後の以外は大体、本当のことだ。だが今喋っている後輩たちの中で、自分の目で見た奴はいないようだった。皆、「誰々が言ってたんだけど」とか、「噂では」とかいう言葉を頭につけている。もっとも、この手の噂話をするのは主にそういう連中だ。あれは幽霊ではないし、死んだ人間でもない。妖怪、と言えば正しいかもしれないが。

 ふと、倉庫の入り口を眺める。さすがにまだ出てくることはないが、あいつはあの奥にいるのだ。
「ねえ、先輩も気になります?」
 後輩の一人が話を振ってきた。
「いるかもな、くらいには思ってるけど。いたからって別に、祟りがあるわけじゃないだろ」
 本当のことを話しても信じないだろうし、第一面倒だ。適当に答えてスケッチを続ける。先ほどから鉛筆で描いている雀の絵は概ね完成しており、後は目を描けば出来上がりだ。だが喋りながら描いたせいで失敗した。完成の一歩手前で止めるつもりだったのに、うっかり瞳を完全に描き入れてしまったのだ。
 チュン、と鳴き声が聞こえた。慌てて、画用紙中の雀を手で押さえつける。神の中でもぞもぞと動く感触がして、冷や汗が背中を伝った。だが後輩は雀の声は聞こえただろうが、それがスケッチ帳から発せられたことに気付かなかったようだ。俺が幽霊話に興味なさそうだと判断したのか、こちらに背を向けてお喋りを続けた。
 ちゃんと部活をしろよ。言っても無駄なので、心の中だけで呟く。雀の絵を片手で押さえたまま、俺はもう片方の手で止まり木を描く作業に取り掛かった。



 やがて日が傾き、部活の時間が終わった。グラウンドでは野球部が練習を続けているが、美術室からは続々と部員が出て行く。特に理由もなく最後まで残っていた俺だが、ふとスケッチ帳を手に倉庫へ入った。

1 2 3 4 5
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    古典落語をノベライズするチャレンジが新鮮で面白いと感じた。その上で、原作にはないオリジナルのオチをこしらえており、独立した「落語小説」として楽しめる内容だったため。ただし映像化するという視点で見ると、やや最後の部分がうまく表現しきれるのか自分には想像できなかった。映像作品として見てみたいという意味では、「窓辺の夫婦」「忘れえぬ訪問者」「白い銀河」「走れ土左衛門」などが印象に残った。(3月期優秀賞受賞者:こさかゆうき)