小説

『伝説のホスト』植木天洋(『口裂け女』『カシマレイコ』『トイレの花子さん』『壁女』『メリーさんの電話』)


 新宿歌舞伎町、眠らない町。街灯と電子看板の明かりに煌々と照らされた路地には、たとえ真夜中を過ぎても多くの人がいる。
 しかし少し奥まった路地に入ると突然薄暗くなり、人気がなくなる。メイン通りほどの賑やかさはない。雑居ビルの中にはそれでも無数の細かい店やスナックはあるが、どこかわびしい風情が漂う。
 そんなうらぶれた通りに不似合いなスーツの優男が通りかかった。
 上品に形よくセットされた髪、スーツは鈍く銀色に光って仕立てがいい。指にはダイヤの埋め込まれた銀の指輪、大きく胸の空いた白シャツからは百合をモチーフにしたセクシーなペンダントがのぞいていた。時計はロレックス。ポケットには愛車カウンタックとポルシェ、それから億ションのキーが入っている。
 なめし皮のイタリア靴の踵を鳴らして、薄暗い通りを歩いていく。明らかに金回りのいい、人気のホストだ。彼こそが歌舞伎町ナンバーワン。そのテクニックで相手が女であれば泣く子さえ黙らせるという、口説きの帝王の異名を持つ男、零〈レイ〉だ。
 その零が一番稼ぎ時の時間に、こんなうらぶれた路地を歩いている。どこに向かっているのか、早足にカツカツと足音をたてて歩く。
 しばらくすると外灯がポツリとあり、小さな公園があった。
 新宿繁華街のど真ん中に遊具付きの公園なんて不似合いだし、誰が使うのかわからない。三方はビルの壁に囲まれて、そこから排気される空気はいろいろ入り交じってひどい臭いだ。それにそこは、毎夜酔いつぶれたホームレスが数人寝ころんでいる。
 しかし、今夜はホームレスはいなかった。そのかわり、一人、女がいた。外灯の下に、ポツリと立っている。
 金茶に染めた髪をゴージャスに盛り上げて、露出度の高いロングドレスを着ていた。生地には細かいラメが入っており、上質な布だった。色は情熱的な赤。
 明らかにキャバクラのキャスト。営業中のこの時間に一人で公園にいるのは、妙といえば妙だった。零はその女を見つけるなり、魅力満点のスマイルを浮かべ声をかけた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    くせぇ。でも何故かかっこいい。そんな主人公でした。怖かったり理不尽だったり胸糞悪かったりする都市伝説をうまいこと料理した、面白い話だと思います。(1月期優秀賞受賞者:清水その字)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    発想が良い。不幸な階段がユーモアで救われるのも嬉しい。(第2回優秀賞受賞者:柘榴木昴)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    子供騙しのような都市伝説を題材に、こういう話が書けるのは素晴らしいと思います。映像化には難点があるかもしれませんが、是非とも観てみたいと思いました。(第2回優秀賞受賞者:清水その字)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    最終候補に選ばれる前から一読者として面白い作品だと思っていました。私は難しいことは分からないので、難しいことを考えなくても楽しく読めるというのも良かったです。読みながら頭の中で映像化していました。これが5話連続ドラマとかだったら予約して見ます。(第2回優秀賞受賞者:鴨カモメ)