小説

『姫とHIME』NOBUOTTO(『かぐや姫』)

ツギクルバナー

*地球*
 竹取の翁は今日も竹林に入って行きました。早春の穏やかな日々が続いていましたが、その日は朝から真夏のように太陽が輝いていました。季節外れの暑さで流れ出る汗をぬぐいつつ、まぶしそうに太陽を見上げた時です。太陽の中から小さな塊が現れ、それがどんどん大きくなって竹林の中に落ちていきました。何事かと塊が落ちた方へ行くと、そこには輝く節を持つ竹が生えていました。その節を恐る恐る割ってみると、そこには翁の手の中にすっぽり入るくらいの小さい女の子がいました。大きな黒い瞳で翁をじっと見ています。
「なんとまあ、これはこれは可愛らしい女の子じゃ」
 翁はこの女の子を屋敷に連れて帰りました。妻の媼も「お天道様からの授かりものじゃ」と喜びました。そして、二人は「かぐや姫」という名前をつけ大切に育てることにしました。

*惑星*
 アンドロイドSG10の実験環境をスコット博士とジェシーは監視用モニターで見ていた。原始感情の集積と分析をテーマとする研究室は、床、壁、天井、そしてエッグと呼ばれている感情共感カプセル2台、全てが白かった。博士は20年近くここに篭って研究を続けていた。当初は研究所の中でも大規模な研究室であったが、年を追うごとに人員が削減され、この10年は博士一人で研究を続けていた。こんな「廃止間近」の研究プロジェクトに新人のジェシーが赴任してきた。ジェシーは博士の娘と言っていいほど年が離れていた。決して美人とは言えないが、聡明な顔立ちであり、配属されて間もなく全ての研究装置に習熟する高度な専門性と知性を備えていた。
 博士は地球の様子をみてジェシーに言った。
「実験開始になります。ただ地球人が高齢ですね。十分なデータ集積前に死ぬ可能性があるので、ジェシーさんSG10の成人化を早めてくれますか」
「了解しました」と言ってジェシーは監視用モニター横にあるコンピュータでプログラムの変更を行った。機械のような正確な指使いで操作をしつつジェシーは博士に聞いた。
「博士。これまでのアンドロイドは全て成人型でしたが、今回は何故小児型としたのでしょうか」
 博士は白い天井を見上げた。まるでそこに答えが書いてあるかのように天井を眺めてから答えるのが癖であった。
「今回は、小児における原始感情抽出も対象としました。また、共生開始がスムーズに進むことも狙いです。これは成功でした。地球人は非常に好意的です」
 媼が大事そうにSG10を抱きかかえている様子を監視モニターは写していた。

1 2 3 4 5 6 7 8
コメント