小説

『次は、』氏氏(『百物語』)

 「おまえだぁ」
 「きゃあ」
 与作のこわいはなしに、号泣の子どもたち。与作はこわいはないしが大好きだった。人から聞いたものもあれば、自分でつくったものもある。こわいはなしを考えているとき、与作は楽しくて仕方がなかった。5歳ほどの女の子が、与作にいった。
 「あんちゃん、なんでそんなにこわいの?」
 「顔?」
 「ううん。おはなし。」
 「なぁに、さきが弱虫だから、そう思うのさ」
 さきと呼ばれた子どもは、ふるふるする頬を膨らました。
 「あ、よさくがさきを怒らせた」
 「わーるいなぁ、わーるいなぁ」
 さきと同年代の男の子たちが、揃って歌い出した。しかしこれは、日常茶飯事なのだ。あとでおもちでもあげれば、たちまち元のさきになり、後日また話を聞きに来るのだ。
 「おもちやだ」
 「え?」
 「飽きたもの」
 「まだなにもいってない」
 「おもち食べたくない」
 さきはそう言いながら、与作に抱きついた。他の子どもたちも、与作に抱きついた。そして一斉にこういった。
 「おもちやだ」
 これには与作、参ってしまった。こんなことはじめてだからである。そのまま数分がたっただろうか。男の子がいった。
 「与作、おれたち以外にも、怖い話したことあるの」
 少々意表をつかれたので、裏声が混ざった声で言った。
 「なぁい」
 「ならさ、ならさ、みんなにやったら」
 「みんなって、君らのおっかさんたちにもかい」
 また、子どもたちの声が揃った。

1 2 3 4 5
コメント