小説

『千鶴残酷物語』hirokey(『鶴の恩返し』)

 一羽のうつくしい鶴が、冬の空を飛んでいます。
 ほっそりとした足、処女雪のような羽毛、鋭くも愛嬌のあるくちばし。年齢は五歳、人間で言えば十代半ばの、うら若き乙女です。
 ……ああ、本気の恋がしてみたい。
 そのメス鶴――彼女は恋に憧れていました。亡くなった母の言葉を思い出します。
『いつかあなたにも、この身を捧げたい、と思えるようなオスが現れるわ』
 類まれな美貌ゆえに、オス鶴から言い寄られることは日常茶飯事。しかし、彼女の眼鏡にかなうオス鶴が現れたことは一度もありません。
 母はこんなことも言っていました。
『好きになったオスが、あなたを幸せにしてくれるとは限らないのよ』
 思い出の中の母と父は、すてきな夫婦鶴でした。しかし、彼女はときどき、遠い目をしている母を発見することがありました。「どうしたの」と尋ねても、母は微笑し、「なんでもないわ」と答えるのみ。母が遠望の果てに何を見つめていたのかは、母が病で亡くなり、その後を追うように父も他界した今となっては、知ることができません。
 彼女は水飲み場に降り立ちました。本当は親友と一緒に来るはずだったのですが、どんなに待っても、親友は待ち合わせ場所に来なかったのです。
 ……ひさしぶりに会いたかったのに。
 彼女は雪を踏みながら、小川のほとりに近づいていきました。
 それが、自殺行為であるとも知らずに。
 がちん、という金属音、そして、
「クエェッ!」
 ……いっ、痛い!
 彼女は飛び上がろうとしましたが、地上に引き戻されました。雪の中で何か硬いものが、右足に食らいついているのです。
 ……どうしよう。
 助けを求めて、声をふりしぼること数時間。夜の帳が降りようとしていました。彼女はつかのま、夜闇のなかで雪に降られ、孤独に凍え死ぬ結末を思い描きました。つぶらな瞳がみるみるうちに潤み、下瞼のふちから涙が溢れ出します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
コメント