小説

『尾を持つ娘』化野生姜(『赤い蝋燭と人魚』)

ツギクルバナー

 男が土間の戸を開けたとき、つんとした磯の臭いが鼻についた。
 甚平姿に行李を背負ったその男は、辺りを見渡すと小さくため息をついた。

 思ったよりも簡素なところであった。
 左右の棚には色とりどりのろうそくがずらりと並び、そのどれにも何らかの絵が描かれていた。男は二三歩進むと、それらのろうそくのうち一本を手に取ってみた。
 そこには、生き生きと泳ぐ海中の魚の様子が描かれていた。
 その筆遣いは見事なもので、障子戸の向こうから漏れ出る薄明かりもあいまってか、まるで生きているかのような錯覚すら男は覚えた。

 ふいに声が聞こえ、男は顔を上げた。
 障子戸の向こうで光が揺らめくと、それに合わせるかのように老夫婦のささやきが聞こえてくる。
「…みなみのほうから来られた方で…。」
「…怖がることはありませんよ。」
「きっと良くしてくれますよ。」
 そうして、小さな影はゆらゆらと動いた。

 …件の娘はその障子戸の向こうにいるようであった。
 迷っているのか、なかなか姿を現さない。
 男はふところから舶来ものの懐中時計を取り出すと、それをちらりと横目で見た。…ここに来てから、十分程の時間が経っている。
(なあに、じきに出て来るさ。)
 男は、懐中時計を懐に戻すと土間に座り込んだ。
 次いで煙管を取り出し、火をつける。
(なにせ、今生の別れになっちまうだろうからな。)
 そうして、男は二服三服煙草を吸うと、紫煙を吐き出し、それを見ながら静かにほくそ笑んだ。

1 2 3 4 5 6 7
コメント