小説

『歌えメロス』ノリ・ケンゾウ(『走れメロス』)

 こうしてセリヌンティウスは、M屋のアルバイトの雇用契約書にサインをした。あとは、判子を押すのみである。判は既にバイトリーダーの手にあった。メロスが三日後の日の出までに店にやって来なければ、セリヌンティウスは正式にM屋のアルバイトとして、はれて社会復帰を果たすことにもなるのだが、メロスは自分の正義のためにそれを許さない。必ずや、この店に戻ってくる。メロスはそう誓って、セリヌンティウスと抱き合った。友と友の間はそれで良かった。メロスはすぐにオフィスへと向かって出発した。昼休みの終わる五分前、快晴であった。

 メロスはオフィスに着くとすぐに、辞表を書いた。それを部長に手渡し、
「一身上の都合で、辞職させて頂きます。理由は訊かず、受け取って頂けませんか」
 部長はメロスの突然の申し出に、目を丸くして驚き、
「メロス君、それは大変困る。上半期を終え会社の業績は横ばい、この下期が我々に取って勝負の時期なんだ。どうしても君の力がいる。どうか今一度、考え直してくれないか」
 そう言って、メロスを引き留めようとする。
「いいえ、できません。救いたい人がいるのです。私の愛する店と、誓いを立てた親友を」
 メロスは真っ直ぐな目で部長を見、言った。メロスの覚悟を受け部長は、ふうと息を大きく吐き残念そうにはしているが、
「優秀なメロス君だ、何か深い考えがあってのことなのだろう。君の好きにしたらいい。ただ一つだけ。仕事の引き継ぎや得意先への挨拶回りは、きちんと済ましてもらうよ」
「ええ、勿論。そのために、退職は三日後の金曜日付けにしておきました」
 部長は、辞表をパラパラと開き、その旨を確認すると、「さすがメロス君。察しがいい」と言ってメロスと顔を見合わせ、笑った。

「おーい、みんな。少し集まってくれ。大事な話がある」
 部長の号令に、営業部の社員が部長のデスク回りに集まる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    みんながイメージしやすい開かれた着想。若手お笑い芸人さんのネタみたいな疾走感があって素敵です。(9月期優秀賞受賞者:紅緒子)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    現代的で俗っぽい“牛丼屋”で、古めかしい断定口調で強めに言い合う。何とまあ、バカバカしいお話だろうか(笑)。気に入った。映像化求む。(9月期優秀賞受賞者:須田仙一)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    古風な文体に、我道をゆくメロスや取り巻く状況がどこかシュールで面白かったです。「クソニートのくせに、調子に乗んなボケ」で笑ってしまいました。(9月期優秀賞受賞者:二月魚帆)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    誰もが知っている『走れメロス』を題材にしたのも面白いが、その最初の印象的な文「メロスは激怒した」を、とてもくだらない理由で使ったが素晴らしいと思います。やっぱり物語は、最初の掴みが一番重要ですので。こういった目を引く書き方を私もしてみたい…。(9月期優秀賞受賞者:襟裳塚相馬)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    作品自体の面白さで考えるとどの作品も甲乙つけがたく、とても一つを選ぶことができませんでしたので、映像化との相性を基準とさせていただきました。本作の軽快なテンポ、ユーモアあふれる台詞回し、動的な展開は、映像化によってさらに面白さが増すだろうと思われ、是非見てみたい!と感じました。監督や脚本、役者によって作風がかなり左右される作品だと思うので、映像にした時にどんな仕上がりになるのかも楽しみです。以上の理由より、最終候補作品の中で最も映像化に向いていると感じたので、本作を選ばせていただきました。(第2回最終候補:木江恭)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    走れメロスが忠実に現代に再現されている上に、一体どうなるのだろうかと新鮮な気持ちで読み進むことができました。(第2回優秀賞受賞者:吉倉妙)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    映像になったら1番楽しそうだなと思いました。コミカルなメロスが見てみたいです。(第2回優秀賞受賞者:和織)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    おもしろいの一言。読めば、わかります。メロスと現代が不思議とマッチして、おもしろさが加速していきました。超一流のスーパー営業マン、メロスが映像で活躍するところをぜひ見たいです。(第2回優秀賞受賞者:田中りさこ)