小説

『歌えメロス』ノリ・ケンゾウ(『走れメロス』)

 汗をだらだら垂らし、声の限り歌うメロスであるが、何度やってもカラオケの採点機は、メロスの叫びをせせら笑う如く、七十点台を連発する。声も嗄れ嗄れに、夜も更け疲労と眠気で困憊状態のメロス。次第に諦めの気持ちが浮かんできて、メロスが送別会を開いてくれている社員たちの様子を見れば、皆がメロスの退職を惜しんでくれていることに改めて気づく。果たして本当に、この会社を辞めてまで、M屋で働く必要があるのだろうか。今のままであれば、超一流営業マンである私の将来は安泰、たとえばほら、あそこで前屈みにお尻を突き出しながらカラオケのリモコンを取ろうとしている営業部のマドンナ美紀ちゃんを口説いて、あのプリプリしたお尻を意のままにすることだって可能かもしれないのに。悪魔の囁きが、メロスを追いつめていく。ああ、私はたしかに頑張った。八十点を出すために、声の限り叫んだ。それでも駄目だった。セリヌンティウスよ、許してくれ。正義の男メロスは、本気だった、欺くつもりなど、微塵もなかったのだ。信じてくれ。メロスはとうとうマイクを完全に置いてしまい、深く項垂れた。
 そうして己を嘆き、肩を落とすメロスの元に、聞き覚えのある曲が流れてくるのであった。美紀ちゃんが他の社員と話す声が耳に入ってくる。
「あれ美紀ちゃん、いい曲入れるじゃない」
「本当ですかあ? ワタシこのあいだ二十四時間テレビでマラソン見てたらすごい感動しちゃってえ〜」
 ZARDの「負けないで」であった。体の内から力が漲ってくるような、そんな前奏に体を任せる。セリヌンティウス、悪かった。先程までの私は、私でない。悪夢を見ていたのだ。今に、本当のメロスは帰ってくるぞ。メロスは鞭打たれたように立ち上がり、美紀ちゃんの方へ近づき、
「美紀ちゃん悪いが、そのマイクを貸してくれないか。あと、今度の機会で構わないから、そのかわいいお尻の方も」
と、美紀ちゃんのマイクを奪い取った。
「セクハラですか、メロスさん。訴えますよ」
 マイクこそ受け取ったものの、訴えますよ、と強い口調で言われたメロスは、これでもう会社には何の未練もない、私は私の道を生きていくのだ、と心の内で呟き、「負けないで」を熱唱する。喉が千切れんばかりの大声で、音域や声量をも超越した声で、メロスは熱唱したのである。そうして、採点画面に表示された「80」の数字。それを見たと同時に、メロスはカラオケの部屋を飛び出していった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    みんながイメージしやすい開かれた着想。若手お笑い芸人さんのネタみたいな疾走感があって素敵です。(9月期優秀賞受賞者:紅緒子)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    現代的で俗っぽい“牛丼屋”で、古めかしい断定口調で強めに言い合う。何とまあ、バカバカしいお話だろうか(笑)。気に入った。映像化求む。(9月期優秀賞受賞者:須田仙一)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    古風な文体に、我道をゆくメロスや取り巻く状況がどこかシュールで面白かったです。「クソニートのくせに、調子に乗んなボケ」で笑ってしまいました。(9月期優秀賞受賞者:二月魚帆)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    誰もが知っている『走れメロス』を題材にしたのも面白いが、その最初の印象的な文「メロスは激怒した」を、とてもくだらない理由で使ったが素晴らしいと思います。やっぱり物語は、最初の掴みが一番重要ですので。こういった目を引く書き方を私もしてみたい…。(9月期優秀賞受賞者:襟裳塚相馬)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    作品自体の面白さで考えるとどの作品も甲乙つけがたく、とても一つを選ぶことができませんでしたので、映像化との相性を基準とさせていただきました。本作の軽快なテンポ、ユーモアあふれる台詞回し、動的な展開は、映像化によってさらに面白さが増すだろうと思われ、是非見てみたい!と感じました。監督や脚本、役者によって作風がかなり左右される作品だと思うので、映像にした時にどんな仕上がりになるのかも楽しみです。以上の理由より、最終候補作品の中で最も映像化に向いていると感じたので、本作を選ばせていただきました。(第2回最終候補:木江恭)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    走れメロスが忠実に現代に再現されている上に、一体どうなるのだろうかと新鮮な気持ちで読み進むことができました。(第2回優秀賞受賞者:吉倉妙)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    映像になったら1番楽しそうだなと思いました。コミカルなメロスが見てみたいです。(第2回優秀賞受賞者:和織)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    おもしろいの一言。読めば、わかります。メロスと現代が不思議とマッチして、おもしろさが加速していきました。超一流のスーパー営業マン、メロスが映像で活躍するところをぜひ見たいです。(第2回優秀賞受賞者:田中りさこ)