小説

『歌えメロス』ノリ・ケンゾウ(『走れメロス』)

 メロスの部下で、入社三年目の鈴木である。入社と同時にメロスの元に付き、指導を受けてきた。
「お前はもう十分一人前になった。明日からは私の得意先を引き継ぎ、いずれは後輩を指導する立場になる。期待しているぞ、鈴木」
 メロスの言葉に鈴木は歓喜。メロスの手を掴みぶんぶんと振り回し、
「メロスさん!今日は帰しませんよ。朝まで付き合ってもらいますから!」と勝手に盛り上がる鈴木。
「ははは。すまんが鈴木、私には大事な約束があるのだ。あと一曲、自分が歌う番を終えたら、ここを出て行くよ」
「ええ!どうしてですかメロスさん。主役が帰るなんて。そんなの許しませんよ」と納得が行かない鈴木。
「気持ちは嬉しいが、大事な約束なのだ。友が私を信じて待っているんだ」
「分かりましたメロスさん、じゃあカラオケで八十点以上出したら帰ってもいいですよ」
「分かった。八十点だな。出してやろう」
「はい。約束ですよ」
「ああ、男に二言はない」
 鈴木の提案は、メロスを本気で引き留めたい訳ではなく、ただ自分がメロスとの別れを惜しんでいることを伝えるための駄々とも言えるものであり、当然メロスもその鈴木の思惑を理解した上でその提案を承知したのであった。何しろ、カラオケの採点で八十点以上というのはそう難しいものでなく、ある程度の歌の上手さであれば容易に取れる得点なわけで、つまりこの時点では、鈴木もメロスも、メロスが一曲かそこら歌った段階で帰れるものと思っていた。その考えが、大きな間違いであった。
 メロスは何度歌えども、七十点台を連発するだけで一向に八十点以上を出せなかったのである。その様子に、事の発端である鈴木も心配し始め、「メロスさん、大丈夫ですか? もし大事な予定があるならもう帰ったっていいですからね」と気遣う始末。けれどもメロスは「いや、男に二言はない。俺は必ず八十点以上出すぞ」と言って聞かないので、鈴木も段々と呆れ顔に。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    みんながイメージしやすい開かれた着想。若手お笑い芸人さんのネタみたいな疾走感があって素敵です。(9月期優秀賞受賞者:紅緒子)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    現代的で俗っぽい“牛丼屋”で、古めかしい断定口調で強めに言い合う。何とまあ、バカバカしいお話だろうか(笑)。気に入った。映像化求む。(9月期優秀賞受賞者:須田仙一)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    古風な文体に、我道をゆくメロスや取り巻く状況がどこかシュールで面白かったです。「クソニートのくせに、調子に乗んなボケ」で笑ってしまいました。(9月期優秀賞受賞者:二月魚帆)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    誰もが知っている『走れメロス』を題材にしたのも面白いが、その最初の印象的な文「メロスは激怒した」を、とてもくだらない理由で使ったが素晴らしいと思います。やっぱり物語は、最初の掴みが一番重要ですので。こういった目を引く書き方を私もしてみたい…。(9月期優秀賞受賞者:襟裳塚相馬)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    作品自体の面白さで考えるとどの作品も甲乙つけがたく、とても一つを選ぶことができませんでしたので、映像化との相性を基準とさせていただきました。本作の軽快なテンポ、ユーモアあふれる台詞回し、動的な展開は、映像化によってさらに面白さが増すだろうと思われ、是非見てみたい!と感じました。監督や脚本、役者によって作風がかなり左右される作品だと思うので、映像にした時にどんな仕上がりになるのかも楽しみです。以上の理由より、最終候補作品の中で最も映像化に向いていると感じたので、本作を選ばせていただきました。(第2回最終候補:木江恭)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    走れメロスが忠実に現代に再現されている上に、一体どうなるのだろうかと新鮮な気持ちで読み進むことができました。(第2回優秀賞受賞者:吉倉妙)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    映像になったら1番楽しそうだなと思いました。コミカルなメロスが見てみたいです。(第2回優秀賞受賞者:和織)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    おもしろいの一言。読めば、わかります。メロスと現代が不思議とマッチして、おもしろさが加速していきました。超一流のスーパー営業マン、メロスが映像で活躍するところをぜひ見たいです。(第2回優秀賞受賞者:田中りさこ)