小説

『歌えメロス』ノリ・ケンゾウ(『走れメロス』)

 メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐のバイトリーダーを除かなければならぬと決意をした。
 大手メーカー勤務、超一流エリート営業マンであるメロスは都内オフィス街の片隅にある馴染みの牛丼チェーン店M屋にて、お決まりの牛めし並盛、にプラスして百円で備え付けられるサラダを注文し、待っているのだが一向に料理が提供されないのである。人手不足に違いない。普段であれば食券を渡すと同時に、自分が店に入る前から準備をしていたのではないかと思う程の早さで料理が提供されるのが、このM屋の最大の魅力であり、他の店と一線を画している所以であるのだが、それがこの有様ではこのM屋に通う意味がないというもの、一体何事であろうか。メロスは不審に思い、店内を見渡してみればあちこちに目立つ空席の数々。なにやら鬱々とした空気が、黄色で四方を囲んだ華やかな店の内観を吞み込むように流れている。今までも通常お昼時には大混雑し、よって多少の待ち時間があることは珍しくなかったが、そういう訳でもなしにこの遅れようでは、店に異常が起きているに違いない。二つ席を空けて隣に座る、俯きがちに携帯用ゲーム機をピコピコと押しながら同じく牛めしを待つ、ニート風の青年も、ただならぬ気配を感じ取っているのか、いまいちゲームに集中できていないように見える。と、メロスが青年を眺め見ている間にも、がっしゃあ、と突如調理場から発せられる轟音。そして怒号。なるほどこれは、いよいよ穏やかな事態ではないようだ、とメロスは待ちきれず手に取った箸を片手に、身構えた。メロスの隣に座る青年も、ゲームに忙しなく動かしていた指を一瞬止めた。
 それから間もなくして、ようやっと調理場からメロスの注文した牛めしを持って現れたアルバイト。表情は暗く目はうつろ、お盆を持つ手もふるふると震えており、テーブルに盆を置く際にも、「お待たせしました。牛めしとサラダになります」と言うが下を向き、目を合わせようともしない。アルバイトの悲壮に暮れた様子に、メロスはすかさず声をかけ、質問をする。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    みんながイメージしやすい開かれた着想。若手お笑い芸人さんのネタみたいな疾走感があって素敵です。(9月期優秀賞受賞者:紅緒子)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    現代的で俗っぽい“牛丼屋”で、古めかしい断定口調で強めに言い合う。何とまあ、バカバカしいお話だろうか(笑)。気に入った。映像化求む。(9月期優秀賞受賞者:須田仙一)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    古風な文体に、我道をゆくメロスや取り巻く状況がどこかシュールで面白かったです。「クソニートのくせに、調子に乗んなボケ」で笑ってしまいました。(9月期優秀賞受賞者:二月魚帆)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    誰もが知っている『走れメロス』を題材にしたのも面白いが、その最初の印象的な文「メロスは激怒した」を、とてもくだらない理由で使ったが素晴らしいと思います。やっぱり物語は、最初の掴みが一番重要ですので。こういった目を引く書き方を私もしてみたい…。(9月期優秀賞受賞者:襟裳塚相馬)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    作品自体の面白さで考えるとどの作品も甲乙つけがたく、とても一つを選ぶことができませんでしたので、映像化との相性を基準とさせていただきました。本作の軽快なテンポ、ユーモアあふれる台詞回し、動的な展開は、映像化によってさらに面白さが増すだろうと思われ、是非見てみたい!と感じました。監督や脚本、役者によって作風がかなり左右される作品だと思うので、映像にした時にどんな仕上がりになるのかも楽しみです。以上の理由より、最終候補作品の中で最も映像化に向いていると感じたので、本作を選ばせていただきました。(第2回最終候補:木江恭)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    走れメロスが忠実に現代に再現されている上に、一体どうなるのだろうかと新鮮な気持ちで読み進むことができました。(第2回優秀賞受賞者:吉倉妙)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    映像になったら1番楽しそうだなと思いました。コミカルなメロスが見てみたいです。(第2回優秀賞受賞者:和織)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    おもしろいの一言。読めば、わかります。メロスと現代が不思議とマッチして、おもしろさが加速していきました。超一流のスーパー営業マン、メロスが映像で活躍するところをぜひ見たいです。(第2回優秀賞受賞者:田中りさこ)