小説

『笛吹き男のコーダ』木江恭(『ハーメルンの笛吹き男』)

「何している。そいつも乗せろ」
 気がつけば、碓氷が連れてきた「商品」は全て幌馬車に押し込まれたようだった。男がすずの首に手を伸ばすのを振り払い、碓氷は二三歩後退する。
「こいつァ違う。街の子だ。間違って付いてきた」
 自分は上手く言葉を紡げているか。焦りで舌が縺れる。
 分からない。どうして自分はこんなに必死なのだ。
「構やしねえよ。見られちまったからには連れて行く」
「必要ない。この娘は耳が聞こえねえし口も利けねえ。漏れる心配はない」
 男はじろじろとすずを見て、半笑いになった。
「傷物か。まあ叩き売りゃ何とかなるだろう。そういうのが好きな変態もいる」
 気が付けば、碓氷は背中の風呂敷包みを男に投げつけていた。
 すずの手を引き、一目散に道を引き返す。後ろを振り返る余裕はない。
 荒い息遣い、怒号、枝を踏み折って迫る足音――違う、聞こえる筈がない。幻聴だ。
 一体自分は何をしているのだ。あんな得体の知れない連中に刃向かってただで済むはずがない。早くすずを連れて戻って、あの幌馬車に放り込めばいい。或いはこの小さな手を振り払い、自分一人で街に戻ればいい。
 それなのに、よろけたすずが膝を付いた瞬間、碓氷は華奢な体を肩に担ぎ上げていた。
 大して鍛えた体でもない上に、慣れない夜の山道に足を取られ息が上がる。月明かりは鬱蒼と茂る木々に遮られ、ほんの十歩先の様子さえも闇に沈んでいる。追っ手が何処にいるのか、すでに追いつかれ囲まれたのか、それともそもそも追われてすらいないのか、聞こえない碓氷には分からない。
 とうとう木の根に足を取られ、碓氷は転がるようにその場にへたり込んだ。犬のように喘ぎそうになる声を必死で押さえ込み、肩で息をする。左手の急な斜面に背を向け、近くの巨木に身を寄せて座り直した。
すずは呆然とした顔で、碓氷の腕の中に収まっている。
 碓氷は右手に握ったままの黒笛に視線を落とした。やはり、この力に頼るより他あるまい。胸は激痛で今にも破れんばかりで、喉には血の味が張り付き、一小節も息が続く気はしないが、これ以外に碓氷に武器は無い。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    こんなふうに、優しい物語を端正に書けたらどんなにいいだろうかと羨ましくなりました。(9月期優秀賞受賞者:野本健二)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    奇をてらわない落ち着いた文章に情景描写、主要人物の二人が今までの環境から抜け出し、人生の仕切り直しを感じさせるラストが良いと思いました。(第2回優秀賞受賞者:小野塚一成)