小説

『笛吹き男のコーダ』木江恭(『ハーメルンの笛吹き男』)

 こんなことなら、初めからこれを使って逃げればよかった――いや違う、そもそもすずを連れて逃げたりしなければよかったのだ。しかし碓氷はやはり、頼りなげに寄りかかってくる体を押しのけることが出来なかった。
 不十分な呼吸で頭は揺さぶられたように眩み、指先は痙攣している。それでも何とか笛を唇に当てた時だった。
 するりと伸びたすずの手が、碓氷から黒笛を奪い取った。
 すず、と思わず呼びかけた碓氷の鼻の先で、すずは手首の紐を器用に口で外し、黒笛に結びつけた。結び目を確かめるように、笛を数回振る。りんりん、と軽やかな幻聴が碓氷の耳を打つ。
 そしてすずは、それを急斜面に放り投げた。
 碓氷の唯一の武器が、底知れない闇へ飲み込まれていく。
 碓氷は息を呑み、すずの体を突き飛ばすようにして立ち上がった。早く拾いに行かなければ、と足を踏み出した瞬間、視界の端に動くものを認めて、咄嗟に体を幹に押し付ける。
 細い月明かりを浴びた潅木が大きく揺れて、組織の男が二人現れた。どくどくと煩く鳴る心臓を抑えようと、碓氷は胸に当てた拳に力を入れる。
 しかし男たちは周りを見渡すことも無く、一目散に斜面の方へ駆けていった――黒笛が飲み込まれていった闇の底の方へ、何かに導かれるように。
 碓氷は呆然として、そしてはっとすずを見た。すずも碓氷を見上げ、少し微笑んだあと、はやく、と唇を動かした。
 弾かれるように、碓氷はすずを抱え上げて走り出した。
 りんりん、と、聞こえないはずの鈴の音が碓氷を急かす。碓氷がすずを連れている間、追っ手にだけ聞こえていた道標。己の居場所を教えながら逃げ回る間抜けな獲物だと、奴らは嘲笑っていたに違いない。それを逆手に取ったあの囮の黒笛に彼らが気が付き激怒するまで、あとどれほど猶予があるだろうか。
 長い闇を越えてようやく山を抜け、鈴虫庵のあった寂しい平地へ辿り着く。碓氷はすずを下ろし、膝に両手をついて蹲った。肺も足も腕も、とにかく全てが限界だった。
 すずが碓氷を覗き込んで袖を引く。いそいで、と唇が震える。わかっている、だが足が動かない。よろよろと首をもたげると、すずの小さな頭の後ろに、明かりの灯った町並みと黒々と横たわる川が見えた。
 冷水を浴びせられたように、碓氷の熱は冷めた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
コメント
  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    こんなふうに、優しい物語を端正に書けたらどんなにいいだろうかと羨ましくなりました。(9月期優秀賞受賞者:野本健二)

  • http://bookshorts.jp/ bookshorts

    奇をてらわない落ち着いた文章に情景描写、主要人物の二人が今までの環境から抜け出し、人生の仕切り直しを感じさせるラストが良いと思いました。(第2回優秀賞受賞者:小野塚一成)