小説

『怪鳥ヲ射ル事』化野生姜(『太平記/広有射怪鳥事』)

ツギクルバナー

弓道着の裾が床にふれあうと、束ねた髪が横に揺れた。
私は射場の中央に進むと弓に矢をつがえ、目の前の的をめがけて射った。
ひょうっという小気味のいい音がした。
そうして、私は弓を下ろす。
的の真ん中には矢が刺さっていた。
私はため息とも感嘆ともいえない息をつくと、再び矢を取り出し弓につがえた。
そのときだった。

一羽の奇妙な鳥が私と的のあいだに入るようにゆっくりと舞い降りてきた。
その鳥は朱色と黄色の混じった妙な羽の色をしていて五本もの鋭く尖ったかぎ爪を持っていた。そうして、鷲くらいの大きさをもつその鳥は正面を向くと大きく口を開けた。
そのとき、なぜか私はその鳥が何かを話すような気がした。

しかし、その鳥が私の矢はすでに手元からはなれ、鳥の眉間を貫いていた。

***********************************

気がつくと、私は更衣室で道着に着替えていた。
近ごろ、暑い日差しの日が続き、外出したくないのが正直なところではあった。だが、この道場で一人インターハイの出場を決めてしまったがために私はこの夏ひたすら練習に明け暮れていた。
束ねた髪を揺らし、弓を持って射場を歩く。
長い板張りの射場だ。
射場の横にはくらくらするような夏の日差しを浴びる矢道がある。
だが、射場の方はひさしがついているためかそれほど暑さは感じない。
弓道着の裾が床にふれあい、後ろに束ねた髪が揺れる。
そうして、私は射場の真ん中に陣取ると一本目の矢を放った。
小気味良い音とともに、矢は的の真ん中を射抜く。
私はため息とも感嘆ともいえない息をつくと、再び矢を取り出し弓につがえた。

1 2 3 4
コメント