小説

『きのうの私』まやかし(『ドッペルゲンガー』)

 きのうの私が埋まっていた。それは生きているわけでも死んでいるわけでもなく、ただきのうの私なだけだった。
 家の庭を掘っていたら、それは砂の中から現れた。
「ああ、ドッペルゲンガーか」と、ぼんやり思う。もう一人の自分を見るとしばらくして死ぬ、と聞いたことがある。大きな不幸に見舞われる、とも。とはいえ、だらしない部屋着姿のきのうの私が、それほど恐ろしい奴には思えない。その横顔を眺めていると、鏡で正面から見たときよりも平らな顔に、恥ずかしさと憎たらしさを覚える。
 社会に出てからおんなじことを、毎日毎日繰り返した。機械仕掛けになった私の頭は、わからないことは作業的に誰かに聞く仕様として完成していた。
 家の中では洗濯が終わったメロディが流れていた。靴を脱いで部屋に這い上がると、ぱたぱたとせわしなく階段を降りる母の足音がする。
「ねえお母さん、私見つけたんだけど」後ろ姿に聞いても「そう」と片手間に返される。それでも私はめげない。わからないことはわかりそうな人に聞くしかないのだ。
「お母さんは自分見つけたことないの」自分でも何を聞きたいのかわからなくなる。それでも母は「ないよ」と当たり前のように答えた。
「どうして」
「自分探しなんかしようと思ったこともないからねえ」母は洗濯物を取り出す手を止めなかった。
「どうしたらいいかな」
「さあねえ。あんたの好きなようにするのがいいんじゃないの。あんたの人生なんだからさ」一度もこちらを振り返えらずに、二階に上がって行ってしまった。
 ――私の人生――
 たしかに今の私の人生は私のものだ。では、きのうの私の人生は誰のものなのだろう。きのうも今日も、明日だって私は私だ。いつの人生だって、自分のものには違いない。そう思っていたが、実際にもう一人の自分を前にしてみると、別の人間の、別の人生のようにも思えてくる。
 地面はある程度掘り起こすと、固く焦げ茶色をした土の層に行きあたる。さらにその下には、とても柔らかく細かい灰色の砂があるのだと知った。きのうの私が眠っていたのはそんな柔らかな層だった。
 家族のドッペルゲンガーも埋まっているかもしれない。実家の小さな庭をうろうろし、手当たりしだいにざくざく掘る。けれども、どこをいくら掘っても灰色の砂のようなものが出てくるばかりで、見つけられたのは私だけだった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
コメント
  • 紅璃琥

    一気に読み終えました。読み終えたあとの余韻がとても心地良いです。自分も今、とても色々なことに悩んでいてそんな時にこのお話に出会いました。今の私も塵になれず『ドッペルゲンガー』になっているのかなぁとふと思いました。だけどこのお話に出会えたお陰で少し前を向いて頑張れそうです。素敵なお話を本当にありがとうございました。今週の休日にスコップを持って散歩でもしてみようかなぁ。